本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

最近テレビを観ていたら

2020-04-04

宇部にある井川家のリビングでは、ZSP-LTD15をボックスに組んで、放送局用の

小型スピーカー用のツイーターを使った2WAYのスピーカーで音楽番組を観ています。
 

 

 

大型の放送局用のスピーカーは入手出来ませんが、小型の物は入手出来て、そのツイーターが

カー用で使えないかと思って分解したのですが、マグネットがカー用の3・4倍あるので車載では使えず、

それでリビング用のスピーカーに組み込んでいます。

 

 

 

 

 

 

先日カウンドダウンTVのスペシャルを放送していて、以前FM福岡の番組制作でお会いした事がある

三浦大知さんが出演されていました。
 

 

 

 

番組の後半の方ではOfficial髭男dismさんの出演があって、ボーカルの藤原聡さんとは

番組収録で2回お会いしています。
 

 

 

 

 


昨夜は何となくテレビのチャンネルを動かしていたら、小林克也さんのベスト・ヒットUSAに

一番直近でお会いしたさかいゆうさんが出演されて、洋楽について語られていました。

 

 

 

 

 

そして今朝はテレビ朝日系の旅サラダでは藤井フミヤさんがゲストで出演されていました。
 

 

 

 

ただこの番組は2019年の4月に放送されたものの再放送で、ちょうどこの頃

サウンドピュアディオの番組に出演して頂いていました。
 

 

 


旅のロケの時は透明の眼鏡で、その後に花粉症で目が赤くなったので色付きの眼鏡にされていたのを

思い出しました。
 

 

 

 

 

 

そして日曜日の夜の関ジャムではジュン・スカイ・ウォーカーズの寺岡呼人さんが出演されていました。
 

 

 

現在はソロや音楽プロデューサーとして活躍されていて、ゆずさんや植村花菜さんの楽曲に

関わられています。
 

その寺岡呼人さんとはFM福岡の番組収録で知り合いになって、福岡でボーカリストのKさんとの

共演のライブの前に当時のデモカーのアウトランダーPHEVを聴いて頂いた事があります。
 

 

 

 

アウトランダーを機材搬入口に一時的に置いて、リハーサルが終わった後に寺岡さんとKさんの

両方の楽曲を聴いて頂きました。
 

 

 

運転席と助手席でご自身の楽曲を聴きながら感想を話されていたのですが、実はこの時に

寺岡呼人さんとKさんの生声を同時に聞いて、「これはピュアコンの精度を3桁から4桁に変えたら

もっと生音に近づけられるかも知れない!」と感じて、それがきっかけで4桁シリーズの

開発に着手しました。

 

 

 

 

 

テレビを見たら実際にお会いして生の声を聞いた事のある方が週に何人も出られていて、

「よくこれだけの方にお会いする事が出来たな。」とおもう一方、寺岡呼人さんとKさんの試聴が

ピュアコンの3桁から4桁への進化のきっかけになった事を思い出しました。

 

 

 

レジェンドクーペ カーオーディオの音質アップ 後編

2020-04-03

今日ご紹介する1台は、現在の福岡店の作業から、ホンダのレジェンドクーペの後編です。
 

 

 

 

1DINデッキからカロッツェリアの2DINのCD・DVDプレイヤーに交換しました。
 

 

 

スピーカーは防振作業の後にインナーバッフルを製作して、JBLのクラブ6500Cのミッドを

取り付けました。
 

 

 

 

ツイーターはワイドスタンドを製作して、JU60を取り付けています。
 

 

 

スタンドの下を削って、空気の流れが良くなる様に工夫がしてあります。
 

 

 

 

 

フロントの2WAYスピーカーは同じJBLの系統でも全くグレードが違い、普通では合わせる事が

出来ませんが、合計10ピース構成のピュアコンで、周波数幅とインピーダンスとレベルを微調整して

シリーズ違いでもピッタリと音を合わせる事が出来ます。
 

 

 

 

全ての結線が終わって音が鳴る様になったら、カロッツェリアの2DINデッキの音調整を行います。
 

 

 

リスニングポジションはオフかオールでかなり迷って、イコライザー調整も含めて生声・生音に近い

組み合わせを探りました。
 

 

 

イコライザーはフラットでも音楽を十分に楽しめる音で鳴っていますが、1か所1クリックを

どこで動かすかを探りました。
 

 

 

結局気になるポイントが2か所あって、両方1クリック下げた所が最も生声・生音に近いと判断して

調整を終了しました。
 

 

 

 

 

この後でお客様に試聴して頂いて、スピーカーのグレードを上げた状態でもう一度再調整を行って、

どのユニットにするかを決めて頂きます。

 

 

 

 

自分はかなり前レジェンドに乗っていた事があって、年式はこれより前で4ドアでしたが、

スイッチの感じや内装のフォルムはいかにもレジェンドという感じで、とても親近感を持ちながら

作業を行こなっていました。

 

 

日産ティアナ カーオーディオの音質アップ

2020-04-02


今日ご紹介する1台は、現在の宇部店の作業から、日産のティアナです。
 

 

 

 

以前に乗られていたお車からのシステムの移設と、システムアップの作業を行っています。
 

 

 

 

 

ダッシュにはワイドスタンドを製作して、2台前のお車から移設し続けておられる

B&Wのツイーターを取り付けました。


 

 

 

ドアには片側3面のフル防振の施工を行った後に、アウター・スラントのバッフルを製作して、

ピュアディオブランドのZSPーLTD15を新たに取り付けました。
 

 

 

 

 

スピーカーケーブルは新たにSKY-3に変えました。
 

 

 


トランクルームにはパワーアンプとプロセッサーとピュアコンなどを

アンダーボックス一面に取り付けて・・
 

 


リアトレイの下には25センチのウーファーボックスを製作して、ピュアディオブランドの

25センチウーファーを取り付けて、その隣にはナカミチのCDチェンジャーを取り付けて、

トランク側からCDの交換が出来る様にしてあります。
 

 


ウーファーの音圧は右側の純正スピーカーのグリルから車内に抜ける様にしてあります。
 

 

 

 

 

 

最後にタブレットでトランクのプロセッサーと通信して、イコライザーと

チャンネルディバイダーの調整を行います。

 

 

 


20年以上前からお使いの製品と、今回新たに購入された商品とのミックスですが、

ピュアディオ推奨商品はレコーディングスタジオや放送局のスタジオの様な音色という基本方針は

全く変わっておらず、全ての商品がピッタリとマッチして、スタジオ的な音色を奏でてくれています。

 

 

 

ホンダN-WGNの音質と静粛性をアップ

2020-04-01

今日ご紹介する1台は、現在の宇部店の作業から、ホンダのNワゴンです。
 

 

 


ホンダ純正のギャザーズのナビオーディオを装着した状態で入庫となって、既に

システムが付いている状態から防振などの追加作業を行いました。
 

 

 


ピュアディオブランドのATX-25を使用したシステムで・・
 

 


フロントドアには防振メタルと防振マットを使用したベーシック防振と、内張裏に

セメントコーティングの施工を行っていた所から、サービスホールを塞ぐ防振を追加して、

片ドア3面のフル防振の状態にアップしました。
 

 

 

 


これまで何も防振していなかったリアドアには、響きを確認しながら響きの中心を見つけて、

ベーシック防振の施工を行いました。
 

 

 

更に内張裏にセメントコーティングの施工を加えて、フロント3面・リア2面の防振となり、

かなり静かなNワゴンに進化しています。
 

 

 

それだけにとどまらず、フロントAピラーのセメントコーティングと、リアのハッチに2面の防振を

行って、トータルとして静粛性と音質がアップしたNワゴンになりました。
 

 

 

 

 

他にはバッテリーを純正からボッシュのハイテックプレミアムに交換して、フィルタリング性能の良さで

綺麗な電気を車内に送っています。
 

 


これより強いバッテリーは存在していますが、電圧のピークホールド性能ばかり重視しているので、

オーディオ的にはキンキンの派手なサウンドになってしまうので、ボッシュの派手にならない綺麗な

サウンドがピュアディオのユーザーの方には好まれています。

 

 

 


アイドリングストップ車専用設計で、短い発電時間でも充電しやすい性能で、アイドリングストップでない

車にも使用出来るとラベルが貼られていました。
 

 

 

軽自動車ながら細かい部分にこだわった仕様の、プレミアムな1台に仕上がっています。

 

 

レジェンドクーペ カーオーディオの音質アップ 前編

2020-03-30

今日ご紹介する1台は、現在の福岡店の作業から、ホンダのレジェンドクーペです。
 

 

 

 

 

純正の1DINデッキがカロッツェリアの物に交換されている状態で入庫となって、

2DINのデッキに交換と、スピーカーの交換を行います。

 

 

 

 

スピーカーはアルパインのDDライナーに交換してあって・・
 

 

 

 


サウンドシャキットのプロセッサーが付いているのを取り外して、

ピュアディオ推奨スピーカーとピュアコンを取り付けます。

 

 

 

 

 


作業はまずドア防振から始めます。
 

 


2ドアクーペなのでかなり横に長く、それでいてサービスホールは小さく、剛性の高いドアです。
 

 

 

 


内張裏がこの材質の時は下処理無しでセメントコーティングが出来ましたが、

念のために少し下処理を行ってセメントコーティングを行いました。

 

 

 

 


ダッシュの上にはワイドスタンドを製作して、一度植毛塗装を行うために宇部店へ持って行きます。
 

 

 

 

これまで付いていたシステムはクセの強い音を造作したタイプの音だったので、

レジェンドの品格に合ったクセの無い自然な音に変えて行きます。

 

 


 

  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る