本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

スイフトスポーツ カーオーディオの音質アップ 前編

2021-05-07
今日ご紹介する1台は、現在の福岡店の作業から、スズキのスイフトスポーツです。



システムはスズキ純正の大画面ナビオーディオに、ベーシックパッケージの取付と、
ドアスピーカーの交換と、広い範囲に防振作業を行っています。



まずはフロント



外した前後のドアの内張にはセメントコーティングの施工を行います。



ここ1・2年でセメントコーティングの施工率はかなり増えて来ています。



更にサービスホールを塞ぐ防振を前後のドアに行って、前後とも方ドア3層のフル防振の状態にしました。



金属シートの切り口には全てシリコンを塗りこんで、剥離するのを防いでいます。



スイフトスポーツのお客様は鹿児島県からお越し頂いていて、何回かに分けてシステムアップというよりは、
遠いので一気に仕上げしまおうと広く深い層の防振を行っています。



システムなどの内容は、後編に続きます。
 


スズキ・スイフト カーオーディオの音質アップ

2021-05-06
今日ご紹介する1台は、先日の宇部店の作業から、スズキのスイフトです。



ケンウッドのナビオーディオを装着した状態で入庫となって、ベーシックパッケージの取り付けと、
ドアスピーカーの交換と、前後のドア防振の作業を行いました。



まずは前後のドアのベーシック防振を行います。



何も貼ってない外板裏の音の響きを確かめて・・



異なる形で異なる形の防振マットを響きの種類に合わせて貼って、カーン!という高い響きの中心には
防振メタルを貼り付けます。



ブチルゴムを大量に使ったマットを全面に貼る防振と違って、低音のドロンとした感じが無く、
小気味良いサウンドを再生してくれます。



外した前後のドアの内張には、裏に下処理を行った後にセメントコーティングを行います。



フロントドアはサービスホールを塞ぐ防振も加えて、フロントが3層のフル防振で、リアが2層の防振で、
かなり静粛性と断熱性も高めています。



フロントの16センチスピーカーは取り外して、JBLのクラブ602CTPのミッドと交換しました。



インナー取り付けなので見た目はそのままで、方ドア3層のフル防振が加わっているので、
オーディオの音質と開閉音共に高級感が増しています。



ダッシュにはスタンドを使って」ピュアディオブランドのATXー25ツイーターを取り付けて、
上質なフロント2WAYのスピーカーとなりました。



グローブボックス下にはMDF板を敷いて、その上にピュアコンを取り付けました。



白いコイルのボビンは3Dプリンターで製作して、上質な銅線を一から手作業で巻いています。



イコライザーはグラフィックタイプではなくて、動かす周波数を選んでからレベルを上下させる
パナメトリック式で、ピュアコンの値選びで聴感上のフラットが出せたのでレベルは動かさずに
そのまま調整画面を閉じました。



シンプルな構成ですが、ツボを押さえて極めて生音・生声に近いサウンドが再生出来ました。


エクリプスクロス カーオーディオの音質アップ その2

2021-05-02
今日ご紹介する1台は、先日の福岡店の完成車から、三菱のエクリプスクロスPHEVです。



オーディオレスのお車に、以前の乗られていたお車からフルシステムを移設して取り付けました。



メインユニットはカロッツェリアのサイバーナビの、1DINタイプの物です。



ドアにはアウター・スラントのバッフルを製作して、ピュアディオブランドのZSP-LTD15を
取り付けて・・



ダッシュにワイドスタンドを製作して、JU60ツイーターを取り付けて、ピュアディオ推奨の
ハイエンドフロント2WAYシステムになっています。



リアには荷物を積む時に脱着出来る様にしたエンクロージャーを取り付けて、
ピュアディオブランドのZSPの25センチサブウーファーを取り付けています。



PマークとZSPの文字が薄いのは、表面のアルミの強度を上げ過ぎて、
それでインクののりが悪かったというもので、
製造工場から「指定のアルミだと文字が薄くなりますが、どうしましょうか?」と聞かれて、
「そのままお願いします!」と自分が言って出来たという逸品です。



ラゲッジの下にはピュアディオチューンのチャンネルディバイダーと、
ナカミチのPA-2004のパワーアンプが収まっていて、チャンネルディバイダーでフロント用の中高音と、
ウーファー用の低音の分離した後にアンプで増幅しています。



ピュアコンはブラックボックス4連の合計8ピース構成で、繋がっているPMBケーブルは
以前のお車でお使いの物を末端の焼き直しを行ってから、リフレッシュして取り付けています。



全ての結線が終わって音が鳴る様になったら音調整を行います。



サイバーナビのタイムアライメントは全てゼロにして調整に入ります。



エクリプスクロスのお客様は、これまでDEENのボーカルの池森さんに何回か合われて、
ご本人の生の声を知っておられる方なので、タイムアライメントで音像を作るなんて事は通用しないので、
かなり緊張しながら最新アルバムポップ・イン・シティを使って音調整を行いました。



最終的には正確を狙ってチャンネルディバイダーのチューニングをもう一度見直して、
かなり正確に池森さんの声を再現出来ました。



調整後は福岡店のEV車充電システムを使って、満充電して納車の準備に入りました。


 

ハイゼット・トラック カーオーディオの音質アップ

2021-05-01
今日ご紹介する1台は、先日の福岡店の作業から、ダイハツのハイゼット・トラックです。



パナソニックのストラーダの大画面ナビオーディオを装着した状態で入庫となって、
スピーカーの取付を行いました。



ハイゼット・トラックのフロントスピーカーはダッシュの上の少し内側に付いていて、
左右のセパレーションが悪くてモノラルに近いところから、両端にピュアディオブランドの
ATX-25ツイーターを取り付けて、左右の差が分かりやすい高音を独立させるというのが
ベーシックパッケージです。



こちらのハイゼットは窓の開閉がハンドルを回すタイプなので、
JBLの10センチコアキシャルスピーカーを小型のアウターバッフルで取り付けて、
ハンドルを回しても当たらない位置にドアスピーカーを後付けしています。



コアキシャルのツイーターは配線をカットして、10センチのミッドスピーカーとして使用しています。



更に助手席のシートの背もたれが倒れる様になっている部分に、JBLのアンプ内蔵のサブウーファーを
取り付けました。



ギリギリ背中の鉄板との間に収まっていて、10センチスピーカーで出来らない低音を補っています。



このJBLのサブウーファーは価格は国産モデルの倍はしますが、かなり固いボディーで、
安い国産のウーファーの様なポコポコ響く箱鳴りはありません。



グローブボックス下にはMDF板を敷いて、6ピース構成のピュアコンを取り付けています。



ツイーターの下限周波数とレベルを調整して、10センチミッドは高音と低音の両方をカットして、
バンドパスの状態で鳴らして、JBLのウーファーは内蔵されているチャンディバで上限周波数を決めて、
トータルでバランスの取れた3WAY構成で鳴る様になっています。



全ての結線が終わったらストラーダのセッティング機能を使って調整します。



最初から100センチのディレイが入っているのは全て0センチにして・・



イコライザーを3カ所1クリックづつ動かして音を整えました。



実際には乗用車よりも仕事用のハイゼットに乗られている時間の方が長く、快適なサウンドでリラックスして
お仕事が出来る1台が完成しました。



アウディ山口に当社のQ5が展示されました

2021-04-30
もう2週間前の話ですが、当社のデモカーのアウディQ5がアウディ山口さんに1週間ほど展示されました。



アウディ山口はアウディディーラーの他に・・



ポルシェセンター山口と・・



ルノー山口と全てワンオーナーで運営されています。



これまで当社のデモカーはポルシェ911が2台、パナメーラが2台、ルノー・コレオス1台、
アウディA3が1台で、このエリアでの購入は7台目となります。



グループの役員の方にピュアディオ製品のユーザーの方がおられて、今回1週間ほどQ5を展示して、
音の良さを知って頂こうとという運びとなりました。



当社のQ5は純正のナビオーディオのままに、ドアにアウター・スラントのバッフルを製作して
ピュアディオブランドのZSPーLTD15を取り付けて・・



ダッシュにワイドスタンドを製作して、JU60ツイーターを取り付けています。



この組み合わせは役員の方もお気に入りのシステムです。



それに加えてアウディQ5の特徴は、輸入車で無線機を2台付けるスペースがあって、
145メガ・351メガ・433メガの3波の送受信が出来て、SUVというよりもRV車的な使い方を
しています。



来店者の方からは良い音と評判が良かった様ですが、非常災害時の通信網にもなるという、
多用途の車に仕上がっています。



本来ならきららドームのモーターフェスティバルにQ5を展示するところですが、
新型コロナの影響でもう2年も展示出来ない状態だったので、アウディ山口さんのご好意に感謝しております。


  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る