本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ヤリスクロス カーオーディオの音質アップ その1

2021-10-17
今日ご紹介する1台は、現在の宇部店の作業から、トヨタのヤリスクロスです。



トヨタ純正のディスプレイオーディオを装着した状態で入庫となって、
先日ベーシックパッケージの装着テストを行って、その後に本格的にスピーカーの取付作業に入りました。



まずはフロントのドアの内張とインナーパネルを外して、何も貼ってない外板裏を指で軽くはじいて、
響きの中心と周波数を調べます。



響きの周波数に合わせて、材質や形状を変えた6種類の防振材を貼り合わせて、
ドアが重たくならない割に制震効果の高い防振を行います。



よく同じ材質を大量に貼っている防振を見かけますが、同じ材質を広範囲に貼ると、
それ自体が響きを持って、特定の周波数が強調されてしまうので、低音の量は増えても
正確な音楽の再生とはならないので、当社は材質や形状を細かく替えています。



一般にはデッドニングという呼び方がされていますが、デッドニングでは音楽性が失われてしまっています。


リアドアも響きを調べてマーキングを行って、防振材を貼り合わせます。



外したフロントの内張は、白い硬い材質と、黒い柔らかい材質の二重構造で、
吸音フェルトは貼られていませんでした。



リアは黒い材質の1枚物で、こちらも吸音フェルトは貼って無かったので、防振作業でかなり静粛性が
アップするはずです。



外した内張4枚は、裏に粗目を付ける下処理を行って、セメントコーティングを行います。



更にリアのラゲッジ下も分解して、これからフロアー防振を行います。



もう一カ所リアのハッチ裏にも防振作業を行います。



このヤリスクロスはハッチとルーフは2トーンのために、ドアと色が違っています。



入庫時に比べたらかなり静かなヤリスクロスに変わっているという事を、
入庫時にノーマル時でロードノイズの測定を行っているので、作業が全て終わった後に再び走行テストを
行って、その差をデーターとして残して行きます。



これからスピーカー周りの作業に入って行きます。



(これより後はその2に続く)



ポルシェ911 BOSEサウンド車の音質アップ その3

2021-10-16
今日ご紹介する1台は、現在の福岡店の完成車から、ポルシェの911TのBOSEサウンド車です。



ドアのウーファーとスコーカーのBOSEユニットは取り外して、スコーカー部はJBLのGX302と、
ウーファー部はJBLのスタジアムGTO600Cのミッドバスに交換しました。



今回のポルシェで苦労したポイントは2か所で、まずはドアのスピーカーの移置とグリルの形状と
スコーカー部分の容量の少なさで、スコーカー部分でもかなり上の周波数まで再生しないと減衰が起こるため、
通常はカットするGX302のツイーターを繋いで鳴らしていました。



ウーファーは20センチから16・5センチに少なくしても十分に低音は出ていて、
ここは心配はありませんでした。



もう一つの問題点はこのボーズシステムは音の広がりを作るために意図的にスピーカーの位相が
あちこちと変えてあって、例えば李スピーカーの片方が前に出て後ろに引っ込んでという動きを
するのに対して、もう一方は奥に引っ込んで出てを繰り返すという逆の動きをして、
これではピュアディオの目指している本来の音楽とが違う造作した音になってしまいます。



そこで測定器で位相の判定を行って、逆走に振っているスピーカーを見つけて、それを全てアンプの出力で
正相に変えて、全てのスピーカーが同時に前に出るというタイミングに合わせました。



話がちょっと逸れますが、以前テレビのCMでスピーカーのコーンが動くシーンがあって、
正相だとスピーカーの中心から前に出て引っ込んで後ろに下がるでは映像にインパクトが無いので、
逆走にして、一度後ろに下がってからフルストロークで前に出た方がインパクトがあるという設定の画像が
流れていて、あれを見る度に「逆相で始まっているから違和感がある!」といつも思っていました。



ただ一部のマツダ車のボーズサウンド車は全て正相にしたから音が良くなるとはならない車もあるので、
そこはその時々で最も生音に近くなる位相を選ばないといけません。



そしてノーマル時ではレベルが高すぎて違和感があった時計の後ろのセンタースピーカーは、
アッテネーター回路を入れてレベルを適正化して、両サイドに取り付けたJU60ツイーターで
超上質な高音を再生しています。



グローブボックスの下にはMDF板を敷いて、その上にブラックボックス4連のピュアコンを取り付けて、
ツイーターとスコーカーの音域とレベルとインピーダンスを調整します。



あれこれとユニットを替えて調整を行って、やはり気になるのはスコーカーの音です。



スコーカーの上限周波数を決めるコイルの値が絶妙で、赤いラベルの少しクリーム色がかった
ボビンのコイルは工場で機械巻したコイルを徐々にほどいてインダクタンスを合わせた物で、
一定以上巻きが少なくなるとピンクのラベルで白いボビンで何も無い空のボビンから一から手作業で
巻いた物になります。



実際には自分が手作業で巻いたコイルの方が少し音が良くて、ポルシェで使う値は通常は機械巻を使う
やや巻き数の多い物でしたが・・



一から手作業で巻いた物にすればどうなるか、その場で巻き上げてみました。



欲しい値は21・30で、じわじわ巻いて行って、21・30ピッタリに合わせました。



測定機にマイナス30と貼ってあるのは、実際にはリード部分の誤差もあるので、
-30の部分が誤差部分で、そこも含めて正確に測定してコイルを作っています。



最後に純正オーディオのサウンド設定を行って本体の微調整を行って、
ポルシェ911Tのボースサウンドシステムはフロント3WAY部分をJBLユニットに交換して、
位相操作していないダイレクトな生音・生声に近いシステムに変身しました。



高級スポーツカーの高性能なエンジンや足回りに対して、
オーディオの音が耳の錯覚を使う様ではせっかくの素晴らしい車のイメージと合わずに
満足されなかったお客様も、ストレートに音を表現するシステムの変更に満足される事でしょう。



この車の音が決まったら、自分は直ぐに宇部店に向けて移動を開始しました。


 

スイフトスポーツ 音質と静粛性をアップ

2021-10-15
今日ご紹介する1台は、昨日の宇部店の完成車から、スズキのスイフトスポーツです。



スズキ純正の楽ナビベースの大画面ナビオーディオを装着した状態で入庫となって、
以前にベーシックパッケージの取付と、フロントのフル防振の施工と、
ドアスピーカーの交換をして頂いていたお車に、追加の作業を行いました。



ツイーターはピュアディオブランドのアップグレードのATX-30と・・



ドアにはインナー取付でJBLのスタジアムGTO600Cのミッドを使用しています。



今回の作業はラゲッジのアンダーカバーとパンク修理キットを一度外して、床面の防振と・・



リアシートの座面を外して床面の防振と・・



前席の床面の防振の広範囲の防振で、施行前・施工後の走行テストも行ってノイズレベルの計測も
行っています。



それに加えて前回は何も施工しなかったリアドアへの防振作業も行い、何も貼ってない外板裏の
ベーシック防振と・・



内張裏のセメントコーティングも行って、車全体としてかなり静粛性と断熱性があがって、
快適なスイフトスポーツとなりました。



車全体の響きが変わったのでナビのイコライザー調整を変えて・・



グローブボックス下の6ピース構成のピュアコンも値を少し変えて、
車の響きが静まった分中高音の表現を今までよりも伸ばしてセッティングし変えました。



車全体の防振と、それに合わせたセッティングの見直しで、これまで以上にスケール感が上がった
オーディオシステムへと変身しました。



やはり広範囲の防振は必要だなと感じた作業でした。



ヤリスクロス スピーカーの音質アップ

2021-10-14
今日ご紹介する1台は、現在の宇部店の作業から、トヨタのヤリスクロスです。



トヨタ純正のディスプレイオーディオ付きのお車に以前使われていたスピーカーを移設して
取付を行いますが、ヤリスクロスの作業は初めてなので、その前に一度ベーシックパッケージのデーターを
取ってから他の作業を進めさせて頂く事になりました。



ヤリスクロスのドアスピーカーのグリルは下の方にあり、向きは下方向にそれているので音のチューニングが
難しいタイプです。



ツイーターはピラーの根元に横向きで付いていて、レイアウトはヤリスと同じですが、
シートの着座位置が違うので、音の聴こえ方が少し違います。



ピラーの純正ツイーターを鳴らなくして、その前にスタンドを使って適切な仰角・振り角を付けて、
ピュアディオブランドのATX-25ツイーターを使った2WAY構成へと変更します。



ディスプレイオーディオからスピーカー出力を取り出して、グローブボックス下に取り付けたピュアコンに
送ります。



元々お客様がブラックボックス4連でお使いだったので、サブのボックスを取り外して、
通常のヤリスの値を取り付けて一度鳴らしてみました。



コイルをあれこれと交換して、ヤリスクロス用に特性を合わせましたが、やたらと低音が強く聴こえて、
トレブルとミッドはセンターの位置でバスをマイナス2のところが音のバランスが取れていました。



しかしこれではバスを下げ過ぎなので、本来はオプションのSSFをメインにして、
コイルをオプションにするという事で、ピュアコンの構成をブラックボックスの値を含めてやり直しました。



これでトレブルとミッドがセンターで、バスがマイナス1が最もバランスが良くて、
これでベーシックパッケージとして開発表を作りました。



速度に合わせたレベルコントロールは入れない方が一番音が素直なのですが、
入れた事も想定してどんな音になるか確認しました。



これから防振作業やドアスピーカーの交換などの作業を行いますが、
タイトルが『スピーカーの音質アップ』となっている場合は、
主音を再生するドアスピーカーが純正をそのまま使う時で、ドアスピーカーを交換すると
『カーオーディオの音質アップ』とタイトルの付け方が変わります。



これからかかる作業のタイトルは『カーオーディオの音質アップ』という事で、
後日ブログに書き込ませて頂きます。



ポルシェ911 BOSEサウンド車の音質アップ その2

2021-10-13
今日ご紹介する1台は、先日の福岡店の作業から、ポルシェ911TのBOサウンド車の続きです。



ドアの内張を外して、外板裏とインナーパネルの響きを調べて、防振メタルと防振マットの貼り位置を
マーキングしました。



インナーパネルには中音用のスコーカーを付けるスペースがあって、ここが奥の容量が少なくて・・



そこにマグネットの大きなユニットを入れているので、容量不足から中音域が後ろ髪を引かれる様な
状態だったんだなと思いました。



ここはマグネットの小さなJBLのGX302を入れてみて、一度マッチングを確かめてみます。



ドアには20センチサイズのフロントマグネット型のウーファーが付いていて・・



こちらは後ろが薄くてストロークが短いので、表面は16・5センチと狭くなっても、
ストロークが大きく取れるJBLのスタジアムGTO600Cのミッドバスを一度付けて見て
マッチングを探ります。



外した内張裏はツルツルなので、粗目を付けてセメントコーティングが付きやすいように施工を行います。



伝送系のアクセサリーを付けるために助手席のキックパネルにはヒューズボックスを開けると、
最近の車は小型サイズの平型ヒューズが多い中、フルサイズの平型ヒューズが付いていて、
ここはやっぱりポルシェだなと思って見ていました。



今日は水曜日で福岡店はお休みなので、明日からまたポルシェの作業を再開します。



(後はその3に続く)



  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る