本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

プジョー2008 カーオーディオの音質アップ その2

2022-09-19
今日ご紹介する1台は、先日の宇部店の完成車から、プジョーの2008です。



ディスプレイオーディオ付きのお車にフルシステムの取付の後編です。



ドアの内張裏のセメントコーティングが終わって、
スピーカーグリルを切り取ってアウター・スラント化の準備をします。



アウターバッフルを製作してドアに組み付けて、ドアとサービスホールを金属リングで繋いで、
表面をセメントコーティングを行って、剛性をアップさせています。



またスピーカー裏の背圧を散らす役目も持っていて、ここは高音質のツボとなっています。



そしてピュアディオブランドのZSP-LTD15を取り付けたら、ドアの作業は完了です。



ダッシュにはワイドスタンドを製作して、JU60ツイーターを取り付けて、
ピュアディオ推奨のハイエンド2WAYシステムが完成しました。



リアのラゲッジには25センチサイズのエンクロージャーを組み込んで、
ピュアディオブランドのウーファーと、ナカミチのパワーアンプとピュアディオチューンのイコライザーと
チャンネルディバイダーが付いていて、完全なフルシステムとなりました。



一般的なカーオーディオ専門店はアンプやイコライザーカッコよく付けるというのが常識ですが、
ふたをすれば見えなくなるので、RCAケーブルに最も負担が少ない状態で配列しているので、
音質を最大限に重視したらこの配列になりました。



ちょうどこの作業を行っている時に他で取り付けた車の手直しをしていたら、
見た目はカッコいいのに音が窮屈で、伸び伸びと鳴っている感じがしないので、
トランクを開けて見た目で満足させるのか、ボードで塞いでもう見る事は無いので最大限音にこだわるのかで、
当店は後者を選んでいます。



そして今回取付にかなり時間を要したのが、助手席のグローブボックスのフタを外して、
ナカミチのカセットデッキと、カロッツェリアの1DINのサイバーナビが取り付けてあります。



昔からコレクションしていたカセットテープが沢山あって、その音を最大限に引き出したいという事で、
1000TDという限定モデルが付けてあります。



2008のスピーカー位置は国産の同クラスの車に比べると上の方に付いているので、
ピュアコンのミッドの上限周波数をのコイルは巻きの多い物が必要で、
棚のコイルでは適合が見つからなかったので、ワンオフで2008専用の物を巻きました。



ディスプレイオーディオとサイバーナビと1000TDの3ヘッドで、
ナビの音声ガイドはディスプレイオーディオ裏にスピーカーを取り付けて、
音楽とガイド音声は完全に分離して、プジョー2008で今考えられる最高のシステムに仕上がりました。



ワイルドバンチフェス2022の会場から

2022-09-18
昨日は山口市阿知須のきらら浜で行われた『ワイルドバンチフェス2022』に行って来ました。



当初は9月17日・18日・19日の3日間の予定が、台風の影響で17日のみの開催となりました。



宇部店を8時20分に出発して、会場の近くでガードマンがいる関係者入り口から車を入れて、
かなり遠回りですが、渋滞に巻き込まれずに会場の真裏まで行く事が出来ました。



会場に着いた時はまだ一般入場が始まる前で、
ステージの前のスタンディングの所は番号が書いたポールが立っていました。



そして開場時間になったら次々に入って来て・・



ステージ前にはどんどん人が集まって来て、よいよ演奏が始まります。



サウンドピュアディオが関係しているブースはフードコート側の奥の方で・・



こちらのステージでトークイベントを行って、
後半はステージが終わったラッキー・キリマンジャロのメンバー3人が来られて、
そこからのトークはFM山口で25分間生放送でお届けしました。



一番海よりのステージでラッキー・キリマンジャロさんの歌と演奏が行われていて、
『エモめの夏』などの楽曲を聴いていましたが、自分たちはラッキリさんが出演される30分前から
トークを始めないといけなかったので、早めにFM山口のステージに戻りました。



ラッキー・キリマンジャロさんの演奏があるうちはパラパラの人の入りで、
ステージでは以前カーオーディオトーキングでお世話になっていた大和良子さんがメインパーソナリティーで、
井川も横で話していました。



ラッキー・キリマンジャロさんの演奏が終わって、こちらのステージに来られた時は、
ファンの方も追いかけて移動されて来て、今までに体験した事がない大盛り上がりの生放送でした。



当初はあまり会社のPRはせずに、山口県の音楽通的な感じで喋るつもりで、
いわゆる文化人気取りで参加したつもりが、FM放送や音楽関係に関わる事で生の音に近いサウンドを
表現すると、会社のPRをガッツリしてしまいました。



12時からのステージトークと、12時30分からのラジオのオンエアーが12時55分に終わって、
夕方に福岡店で音調整を行う車があったので、直ぐにワイルドバンチフェスの会場を後にしました。



帰りも関係者用の謎の通路を通って、一度宇部店に帰ってから福岡店に向かいました。



三週続けての音楽・放送関係のイベントは、9月23日の祝日の福岡ドームの隣のマークイズ福岡ももちの
2階にある、クロスFMサウンドピュアディオからの生放送の出演でとりあえず終了します。



10月はまだ他のスケジュールがありますが、秋は音楽イベントが目白押しです。



新・お客様の質問にお答えして 第30話

2022-09-15
お客様の質問にお答えしてのシリーズも新シリーズになって遂に30回目を迎えました。

昨日は予定に入っていなかった緊急作業が入ったために、
今日掲載予定の完成車がズレて、
更に明日は私が山口市阿知須のきらら浜で開催される、ワイルドバンチ2022の放送イベントに
参加するので、作業ブログは夕方まで書けないと思います。

そんな訳で昨日今日の緊急作業から派生した今日の『お客様の質問』は、
過去に県外のピュアディオ製品の取扱店の取り扱いをやめた件で、載せ替えしても
新しいピュアコンを出してもらえないとか、新製品が出ても入手出来ない
というご不満を頂いています。

昨日は県外からピュアディオ製品を取り付けられた方が、ピュアディオグループを抜けた後に
載せ替えしたシステムについての音調整や、ピュアディオ製品の追加の取付のお話があり、
一旦作業を止めて車を診させて頂く事になりました。

その方は井川ブログをよく読まれていて、「アウターバッフルの車に
インナー用のピュアコンを取り付けて、同じ音域が重なってしつこい音になっている。」
というものをご存じで、その事で専務を交えて話をしていたら、専務が
「音がすかしてある。」というので、「いえいえ、これは同じ周波数を重ねているから
すかしではなくて、かぶせです。」と言っても専務と自分の話は水と油で話が上手くかみ合いません。

そこで説明をすると普通2WAYスピーカーの音の鳴り方は3種類あって、
ツイーターの下限音域とミッドの上限音域が離れていてすいて聴こえるパターンがあり、
そてを中音域が薄く聴こえるので別名ドンシャリとも言います。

逆にツイーターの下限周波数が伸びていて、ミッドの上限周波数も伸びていて、
同じ周波数が重なって中音域が濃くなっている音をかぶった音と呼んでいます。


そして自分が生音・生声と呼んでいるのがツイーターの下限とミッドの上限が
濃くも薄くもなく、ドンピシャに歌っている本人に聴こえるのが井川の調整です。


ここまでで3つのパターンの音の傾向がありますが、実はドンピシャの手前は
少し音が重なるとか、少し音がすいているは逆に聴き難く、それを避けて通ると
透かしや被せの方が良い音に聴こえるので、本当のピッタリには簡単には
到達出来ないのでそこを避けてしまうのが一般的な音調整で、神業的な調整が必要になります。


ただこれまでピュアディオ製品を扱っていたお店がドンピシャに合わせる事が出来ずに、
アウターバッフルの車にインナー用のピュアコンを取り付けて、かぶせの状態で
納車しているのが当たり前になって、更にピュアコンの改造までしていて、
もうピュアディオの音とは違う音になって来て、それで宇部と福岡以外の店には
ピュアコンやオリジナル商品は扱わせないという事になっています。


昨日来店された県外のお客様は旧加盟店でアウターバッフルの車に、
インナー取付でスピーカーが奥にあっても音が前に出て来る値のピュアコンが
取り付けられており、それが載せ替えでアウターからインナー化した状態で持って来られてので、
「100%合っているとは言えませんが、大筋で音は合っています。」
という状態になっていて、適合の端の方の音という感じがしました。



しかし細かい値合わせが出来ていないのと、これまでオーディオレス車だったのが
ディスプレイオーディオ車に変わって、ハイローコンバーターが
ピュアディオチューンの物ではなくて市販の物を使っているので、
音のクオリティーと左右のセパレーションが悪く、拒絶する音でもないが
モノラルに近いこじんまりまとまった音という感じでした。


そこで3桁のインナー用のピュアコンを4桁の物に交換して欲しいのと、
ハイローコンバーターをピュアディオチューンの物に付け替えて、
クオリティーとセパレーションを上げたいという話になって緊急作業にお預かりしました。


その話のなかで専務のすいているというのと、自分のかぶっているという話が合わなくて、
それは今より前の車の音が数値からして自分は重なっていると言っているのに、
専務が「あの店の音はほとんどがすいている。」と言ってもめていました。

ただきちんと話をすると、ツイーターの下限周波数を思いっきり下に広げて、
ミッドの上限周波数を思い切り上げると、重なっているのが度が過ぎると、
同じ周波数が斜め方向からぶつかる事により、位相のズレから
キャンセルされる状態になって、実際には重ね過ぎた事によって聴感的には
すけて聴こえる状態になっている車が多くて、重ねも度が過ぎるとすけて聴こえる
というので専務には納得してもらいました。


これまで音造りはすかしとドンピシャとかぶせの3種類という認識でしたが、
専務には重ね過ぎるとすいて聴こえる第四のセッティングがあると納得してもらいました。


ここまで音のセッティングに我流を通されるともう指導の範疇を越えていて、
旧加盟店のお客様には全く別な店の別なセッティングとして、車を持ち込まれた場合は
有料で手直しさせて頂いています。



音がズレているお店はなぜズレるかというと、自分は絶対にやらない長話で
お客様と仲良くなって、お友達になって商品を買ってもらうという営業スタイルが、
長く自分の主義主張を話す事で骨伝導で自分の声を長時間聞いて、それでその音の部分を
下げて聞くクセが耳に付いて、それで音のズレを生んでいると自分は考えています。

自分は話すのは30分から最大でも1時間30分までと決めていて、
なるべく相手のお話を聞く側に回るという事で自分の耳が良い状態を保つ様に心がけています。


サウンドピュアディオでは3時間・4時間の長話を禁止していて、
世の中のカーオーディオ専門店は長く話してお友達になるという手法が
当たりまえになっていますが、「申し訳ございませんが、他のお店と同じ長さのお話は出来ません。」と
あらかじめお断りしていて、その長話は必ず音の不正確さに繋がるので、
長く話の相手をしてもらってズレた音を聴くのか、適正な長さの話で正しい音色の
音楽が聴けるのかで、私はお客様が払われたお金に対して最高のパフォーマンスで
表現したいので、ブログを通じて情報を出す事で、日常の会話は控えめにさせて頂いています。

週末はワイルドバンチフェス2022

2022-09-15
今週末から3日間は山口市阿知須のきらら浜記念公園で
大規模音楽イベント『ワイルドバンチフェス2022』が行われます。



3日間の間豪華アーティストさんが出演されて、県外からも多くの来場者があります。



3年ぶりのフェスで盛り上がる事間違いなしのイベントで、
今回は海側のフードエリアの前にFM山口の放送ブースが設けられます。



その放送ブースからの一回目の放送はサウンドピュアディオ提供でお送ります。



17日の参加アーティストはご覧の方々で・・



その中からラッキー・キリマンジャロさんが放送ブースから生放送で出演されます。



パーソナリティーは以前カーオーディオトーキングに出演して頂いていた大和良子さんと、
私井川も出演させて頂きます。



もう2日しかありませんが、以前コンビを組んでいた大和さんとなので、打ち合わせもリハーサルも無しで、
いきなり生放送でお届けします。



放送のリハーサルは無くても現地までのルートは事前にリハーサルを行って、
当日はかなり混む事が予測されて、最短ルートで阿知須インターを降りるルートで今朝走ってみました。



開場に着いたら地図での関係者駐車場がイメージ出来ず、地図とナビを見比べながら探していました。



入り口がこんなに遠くて、今日はゲートが閉まっていたので、
ここまで着けば後は中を案内図通りに通ればいいので、帰りはここまで着くのに込まないルートを探しました。



9月17日はFM山口の放送ブースで12時ちょうどからトークイベントが始まり、
12時30分から55分までは生放送でFM山口の電波に乗ります。



当日きららドームにお越しの方は是非FM山口の放送ブースに来て頂くと嬉しいです。



また12時30分から12時55分までの生放送は、聞ける環境にある方は是非お聞き下さい。



そして翌週の9月23日の金曜日の祝日は、福岡市中央区地行にあるマークイズ福岡ももちの2階にある
『クロスFM サウンドピュアディオスタジオ』から井川が生放送で喋ります。



16時30分から放送のコウズマ・ユウタさん出演の『ミッシュ・マッシュ・フライデー』の中で、
17時30分過ぎから少し喋ります。



こちらも是非お聞き下さい。



以上井川の放送出演スケジュールのお知らせでした。



オーラNISMO スピーカーの音質アップ

2022-09-14
今日ご紹介する1台は、先日の宇部店の作業の続きで、日産のオーラNISMOです。



ドア内のベーシック防振と内張りのセメントコーティングの作業が終わり・・



ダッシュ上にシンプルスタンドを使ってピュアディオブランドのアップグレードのATXー30ツイーターを
取り付けました。



現行のノート・オーラ系はメーカーが意図的にグリルの目を大きくしていて、
デュアルコーンのセンターからの音が上に上がる様に設計してあり、
これが中音域の上の方がしつこく聴こえる原因となっています。



更に初期の車では内蔵アンプの音もキャンキャン鳴っていて、
ピュアコンがブラックボックス4連でないとコントロール出来なかったのですが、
今はかなり大人しくなっているので、ブラックボックス2個でも聴けるのではないかと専務が言うので、
その状態で試してみたら、スロープ角が変わって音のイメージが上手く掴めないので、
4連ボックスにして音の調整を行いました。



入庫時にはバス・エンハンサーが入っていたのをオフにして、トーンコントロールは全てセンターの状態で、
ピュアコンの値合わせだけで生音・生声になる様に調整しました。



日曜日の昼に納車しますと言いながら、ディスプレイオーディオの時計は12時2分を指していて、
前日の土曜日の夜にDEENのボーカルの池森さんにお会いして生声を聞いたばかりで、
そこをイメージして調整はもう反則レベルの普通はあり得ない調整でした。



ライブの帰りにお客様と社員を乗せて、
「プラスティック・ラブの声が池森さんの喋り声のトーンに最も近いんですよ。」と言いながら
アルバム『ポップ・イン・シティ』を聴きながら前日は帰っていました。



12時30分ぐらいだったか予定よりも少し遅れてオーラNISMOは完成して、
お客様に試聴して頂いて、「物凄く音が良くなりました!」と喜ばれて、大阪に向けて帰られました。



ピュアディオが他のカーオーディオ専門店と明らかに違うのは、
防振の発想が量を出すのではなくて質を重視していて、
多ではインピーダンスを全くコントロールしていないのをインピーダンスの整合性を上げる事を重視していて、
音調整の基準が生音や生声を知った上で目指している所で、
「遠くから来て良かったです!」と唯一無二のサウンドに満足して頂けました。



  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る