本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

オーラeパワーNISMО カーオーディオの音質アップ

2022-04-30
今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の完成車から、日産のオーラeパワーNISMОです。



ディスプレイオーディオ付きのお車にベーシックパッケージの取付と、フロントのドアスピーカーの交換と、
4枚のドアの防振作業を行いました。



まずフロントドアは外板裏にベーシック防振の施工を行った後に・・



外した内張にセメントコーティングの施工を行って・・



インナーバッフルを製作してJBLのクラブ602CTPのミッドを取り付けて、
サービスホールを塞ぐ防振を行ってフル防振の状態にしました。



リアドアにはベーシック防振の施工を行って、4枚のドアの音質と静粛性を上げています。



Aピラーの根元には高音域を重視したピュアディオブランドのPSTケーブルを引いてきて・・



ダッシュにピュアディオブランドのアップグレードのATXー30Jツイーターを取り付けて、
上質なフロント2WAYスピーカーとなりました。



グローブボックス下にはブラックボックス4連と
白いボビンにピンクのラベルの自分が一から手巻したコイルを取り付けています。



ノート系のディスプレイオーディオは音にクセが強いのでブラックボックスは4連で、
バス・ミッド・トレブルの3トーンでは調整出来ない音のチューニングを行っています。



ノートやオーラーのディスプレイオーディオは製造時期によって微妙に音が違っていて、
パワー部なのかプリ部なのか、最初の頃のキンキンの音から、少しづつ高音が抑えてきてあって、
入庫した全ての車に別々に適切な値選びを行っています。



いつもの様に自分が実際に会って生声や生音を知っているアーティストさんの楽曲や、
FMラジオでは自分が何度もお会いして生声を知っているパーソナリティーさんの声が
きちんと表現出来ているかをかを調べました。



これまではマイナーチェンジで純正オーディオの音の傾向が変わる車種はありましたが、
モデル途中でこんなに音色が変わる車種はノートやオーラ系が初めてです。



あっ、カローラツーリングが最初と途中で微妙に変わりましたが、
ノート系はその比にはならないぐらいの差が出ています。



毎回何度もパーツの組み換えを行って、時にはこれまで無かった値を作って、全力で音合わせを行っています。



デリカD5 カーオーディオの音質アップ その4

2022-04-29
今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の完成車から、三菱のデリカD5です。



カロッツエリアの1DINタイプのサイバーナビを使用したフルシステムの取り付けで、
広範囲な防振作業もあって長期のお預かりで完成しました。



ラゲッジルームには左に寄せて25センチウーファーとナカミチのPA-2004Pのアンプと、
ピュアディオチューンのチャンネルディバイダーを取り付けています。



アンプボードを取り付ければ、荷物が当たっても問題ないラゲッジになります。



ケーブルはRCAがSKYにスピーカーがPMBと、
極めながらも音にクセが無い自然な鳴りの物を選んでいます。



ツイーターはダッシュの上にワイドスタンドを製作して、JU60を取り付けています。



ドアスピーカーはインナー取り付けで黄色いケブラーコーンのピュアディオブランドのZSP-LTD15を
取り付けていて・・



インナー取り付けですがミッドの位置がかなり上の方にあって、
ピュアコンは通常のインナー用の値を入れると中音が耳に入って来過ぎて、
アウター用では中音域を抑え過ぎてで、通常は使用しない値が必要となります。



自分は火曜日の昼間に福岡店のピットに入っていて、一度音を確認した上で、
水曜日に宇部店で合いそうな値を何種類か製作していて、昨日デリカD5に当ててみて、
最も生音・生声に近くなる数値を探りました。



自分の調整用CDとお客様のナビの中に録音してある音源などを聴いて、あれこれとピュアコンの値を変えて、
最後はサイバーナビのイコライザーを動かして音を整えて、デリカD5の音調整は終了しました。



サイバーナビの中に入っている楽曲は、自分がラジオ番組の制作を通じて実際にお会いして生声を聞いた方が
5人おられて、本人の声を正確にイメージ出来るように正確に調整しています。



D5のお客様はあるボーカリストの方に複数回会われていて、本人の生の声を知っておられて、
ボーカリスト本人からも顔を覚えられているというぐらいの方なので、
インナーだからこの程度でいいだろうなんて事が通用する方ではないので、
インナーでもキッチリ限界まで音を合わせてあります。



サウンドピュアディオのお客様は結構な割合で、ファンクラブイベントなどでボーカリスト本人に会って、
生声を知っているという方がおられます。



新・お客様の質問にお答えして 第21話

2022-04-28
不定期シリーズの新・お客様の質問にお答えしては、
前回の20話で自分の中学生の時の事を書き込んだので、
お客様から「高校生の時はどうだったのですか?」というご質問を頂いたので、
今日はその当時の事を書き込みます。



今のサウンドピュアディオの技術の基本は、
小学6年生の時の夏休みに通称萩の電波学校と呼ばれていた所に通って講習を受けて得た事を
基準にしていて、中学生から高校生の時は実際に無線機を使って電波を飛ばして、
いかに波長を同調させるかと、インピーダンスの整合性を上げるかの2つに熱中していました。



中学生の時と比べて高校生の時になってレベルアップした部分はオーディオ性能で、
無線機は電波を受信するブロックと、電波を音に変換するブラックと、
音を電波に乗せる前の処理のブロックと、処理された音を電波に乗せて飛ばすブロックの
大まかに4ブロックで出来ていて、無線機と言っても半分はオーディオ回路で出来ています。



高校生の時は山の上にテントを張って一晩中電波を出して、
電離層反射を使わない直接波で広島・岡山・兵庫・大阪と電波を飛ばしていて、
さすがにそこまで遠くに電波を飛ばすと送信の自分の声が力強くて綺麗とか、
受信音が綺麗とかのオーディオ性能が決め手となって来ていました。



マイクアンプや外部スピーカーなどのオーディオ技術が必要となって来て、
細かい基盤に上手くハンダ付けする技術などが必要となって、この時に正確なハンダの技術が身に付きました。



オーディオ技術と並行してアンテナに波長をピッタリ同調させる技術と、
インピーダンスの整合性を上げる技術は中学生の時にもかなり習得していましたが、
高校2年の時にこれまで以上の技術が必要なある事が起こりました。



それは20代前半から高校生ぐらいの無線家が集まる事が山口県内であって、
その時に一人の高校生らしきかわいい女の子が一人いました。



「あの子誰? 高校生?」と知り合いに聞いたら、高校2年生で自分と同じ年で、
無線で出ている周波数も同じ所に出ているらしく、それでもそんな声は聞いた事がないな?と思いながら、
その子のコールサインを教えてもらってその日は帰りました。



その日から無線機のダイヤルを回してもその子の声が聞こえる事はなくて、
ある日その子のコールを呼んでいる他の局の声だけ聞こえる事が分かりました。



どうもその子の家は自分の家からすると電波の陰にあって、
今のアンテナ設備では届かないし聞こえないという事が分かって、
それを何とかする様に努力の日々が始まりました。



まずは7エレメントのアンテナを2本連結していたアンテナを、
計算して前に2エレメント増やして9エレメントの2連結にして、
合計14エレメントから18エレメントにしたにも関わらず全く聞こえて来ません。



そこで土木作業員のアルバイトをしてお金を稼いで、
10エレメントを4つ組み合わせた合計40エレメントのアンテナを買って、
それをその子の方向に向けましたが、全く聞こえて来ません。



それなら方式を変えようと、縦に無指向性のアンテナを伸ばして、
8分の5波長のエレメントを位相反転コイルを2個使って2段に伸ばすという手法を使って
「これならどうだ!」とやってみたものの効果は無しで、
自分の家にいる限りどんな同調の手法を使っても届かない事を実感しました。



しかしそこで自分の家の場所が悪いから届かないので、移動すれば届くのではないかと、
自転車に小型の無線機を積んで、短いながらもそれなりに飛距離が出そうなアンテナを考えて付けて、
中腹まで20分自転車をこいで、後20分ほど手押して山に登っていたら
やっとその子の声が聞こえる様になりました。



文字にすると大した事が無いのですが、自宅でその子の家まで電波を飛ばそうと悪あがきをして、
ありとあらゆる波長の乗せ方を研究して、もし簡単にそこまで電波が飛んでいたら
そこまで極端な努力をしておらず、今のサウンドピュアディオの技術は無いだろうというぐらい、
運の悪さが運の良さを生んでいます。



その後その子とは何度か交信するうちに同級生という事もあって仲良くなって、
二人で映画を観に行くという所まで発展しました。



ところが運が良かったのはそこまでで、その子が行きたかった映画は角川映画の『野生の証明』で、
残虐シーンが満載で、流血シーンというよりも血が吹き飛ぶシーンが多く、
人生で初めて女の子と二人で映画を観に行ったという緊張感と、暗い場所で残虐なシーンを散々観て、
映画館を出た時には顔は真っ青で、吐く一歩手前の状態でした。



なぜその映画だったかというと、その子が薬師丸ひろ子さんのファンで、
薬師丸ひろ子さん見たさで行っていて、「凄く可愛いかった!」と喜んでいるのに自分は無言で、
「この映画好きじゃなかった。ゴメンね。」と言わせてしまい、
完全なマイナスイメージになってしまいました。



高校生の時は放課後の図書室でコイルや波長などに関する書籍を読み漁って、
よく見ると誰も開けた事の無い本が多くて、同級生から見たら根暗な無線少年だったかも知れませんが、
「何んとかその子の家まで電波を届く様にしたい!」という思いから
同調とかインピーダンスにムキになっていたのが、途中までは恋のプラスになっていて、
最後は散ってしまいましたが、今となっては良い思い出で、
同業者が持っていない特殊な感覚を身に付ける事が出来ました。






追伸


そういえばその子と二人で会ったのは映画の時とその前に1回だけで、
一度「土曜日に習い事に行くから、家からバス停までの20分歩いて行く時間に会えるけど?」と言われて、
「行きます!」と二つ返事をして、自転車で2時間半かけて行きました。



家から自分は自転車を押して20分話しながら歩いて、バス停にある商店の自動販売機で
ジュースを買って飲みました。



その事をその辺りに住んでおられるお客様に話したら、「その店は自分の家です。」と言われて、
「その人は自分の同級生のお姉さんだと思います。」と言われて、世の中は狭いものだと感じました。



ムーヴ・カスタム カーオーディオの音質アップ その2

2022-04-27
今日ご紹介する1台は、本日の宇部店の完成車から、ダイハツのムーヴカスタムです。



カロッツェリアの楽ナビを装着した状態で入庫となって、ベーシックパッケージの取付と、
フロントのドアスピーカーの交換と、ドア5面の防振を行いました。



前後のドア4枚をベーシック防振とセメントコーティングと金属シートでサービスホールを塞ぐ防振の
フル防振の状態にしました。



写真はサービスホールを塞いでいる途中ですが、金属シートが重なる部分を作って、剛性を高めて、
切り口には全てシリコンを塗って将来的に剥がれが起こらない様にしています。



また金属のみでブチルゴムを含まない事で、余分な響きを起こさず、心地良いリアルなサウンドを
表現しています。



純正の16センチスピーカーは取り外して、インナーバッフルを製作して、
室内からピュアディオブランドのPSTケーブルのフルレンジタイプを引いて来て、
JBLのGX600Cの16・5センチミッドを取り付けました。



リアのハッチの内張はセメントコーティングか金属シートか迷って、
時間をかけて細かい格子の間に全て同じ形で金属シートを貼って、それで鈍い響きを止めました。



ツイーターはダッシュの上にピュアディオブランドのATX-25を取り付けて、
純正位置の高くて向きの逸れた部分とは明らかに正確な高音を再生させています。



グローブボックス下には比重の高いMDF板を敷いて、その上に合計8ピース構成のピュアコンを
取り付けています。



ブラックボックス4連と16・5センチミッドの下限周波数の制御と、
ピンクのラベルの井川が一から手巻きしたコイルで、
かなり元の音楽の音に近くなる様に音を表現させています。



ピュアコンの値を細かく変えると同時に、楽ナビのイコライザーをあれこれとパターンを変えて、
トータルで生音・生声に近くなる様に時間をかけて調整しました。



音が決まったら車両を外に出して、ゲリラ豪雨を想定した雨漏りテストを行って、
全てのドアがパスしてから納車の準備に入ります。



システムの外見は簡単なシステムに見えますが、見えない部分にかなりの手間とコストがかかっていて、
特別なムーヴカスタムに仕上がりました。



ムーヴ・カスタム カーオーディオの音質アップ その1

2022-04-25
今日ご紹介する1台は、現在の宇部店の作業から、ダイハツのムーヴカスタムです。



カロッツェリアの楽ナビを装着した状態で入庫となって、ベーシックパッケージの取付と、
フロントのドアスピーカーの交換と、5面のドア防振の施工を行っています。



昨日も宇部店はムーヴの作業でしたが、昨日はベージュの内装で、こちらは内装がブラックの別なお車です。



まずはドアの内張を外して、ベーシック防振の施工を行います。



材質や形状の違う防振材を響きの種類によって貼り合わせて、
ドアが重たくならない割に響きが収まり、何と言ってもスピーカーの響きがナチュラルな心地良いサウンドで、
防振材を貼り過ぎて詰まった感がある手法とは全く違います。



リアドアにはフロントとはまた違う貼りの組み合わせで防振を行っています。



現行のムーヴのハッチは樹脂で出来ていて・・



ハッチ裏の内張側に防振施工を行います。



外した前後の内張は、マスキングを行った後にツルツルの裏側に粗目を付ける作業を行います。



そのままだとセメントコーティングが剥離するといけないので、時間をかけて下処理を行います。



最近の傾向としてリピーターのお客様は新車購入時にガッツリと防振作業を望まれる方が多くて、
以前のお車でその効果を実感されているので、「次の新車では最初から広範囲に。」というパターンが
増えています。



そして昨日のムーブではタイトルが『スピーカーの音質アップ』となっていたのが、
今日は『カーオーディオの音質アップ』となっているのは、
ドアスピーカーを交換しないベーシックからの派生作業は純正のドアスピーカーの音質を上げるから
『スピーカーの音質アップ』で、今回のパターンは純正のフロントドアのスピーカーを交換するので
『カーオーディオの音質アップ』と、タイトルを変えています。



ムーブの作業はまだ続き、これより先の内容はその2でお伝えいたします。



  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る