本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

BOSEのトレードインスピーカーについて

2022-12-16
一昨日納車させて頂いた三菱のEKクロスのオーナーの方とのお話の中で、
「BOSEのトレードインスピーカーの話が良かったので、動画で流したらどうですか?」と言われました。



ただ自分は動画制作はしていないので、いつもの様にブログの文章でその内容を掲載させて頂きます。



EKクロスの作業ブログと若干内容が重複しますが、ご容赦下さい。



1990年代はまた当店はサウンドピュアディオではなく『オーディオボックス』と名乗っていて、
当時は今と違って音に変なクセというか、絞り込みがされていないユニットが多く、
ピュアコンはトレードインスピーカーのツイーターの下限周波数をカットするだけで、
ミッドの上限周波数は垂れ流しで、更にパーツも貧弱な物で、
そこをピュアコンに変えてクオリティーを上げて、
垂れ流しのミッドの上限を適切にコントロールすると驚く様な綺麗な音で音楽を奏でるという、
爆発的なヒットアイテムとなっていました。



ところが1997年ぐらいから国産のトレードインスピーカーに音にクセが付いた物ばかり
発売される様になり、輸入品のBOSE社のトレードインスピーカーを主に販売する様に変えて行きました。



その中で最も販売数が多かったのが16センチサイズのミッドに大型ツイーターの1060Ⅱで、
初期モデルの1060よりも耐久力がアップして、かなりのロングランモデルとなりました。



それでいて価格が29800円と買いやすく、10年ぐらいの長いスパンで販売出来ました。



後に国産トレードインが17センチに移行して来て、
BOSEも1070という17センチミッドのモデルを発売して、BOSEのエンブレムも付属して、
中が見えなくてもBOSEのスピーカーが付いていると誇れるモデルでした。



BOSEのトレードインスピーカーが国産品を大きく引き離していたのはツイーターの大きさで、
これを聴いてしまうと国産トレードインは周波数レンジが狭くて物足りなく感じていた方も多いと思います。



2000年代の初頭にはBOSE社は市販のショップ向けの製品はやめて、
自動車メーカーの工場装着のいわゆるプレミアムサウンド車でないと
BOSEサウンドは聴けないという事になり、当社は長年扱って来た最多販売の商品を失う事になり、
他に代わる商品を探してJBLの輸入元のハーマンインターナショナルと交渉したり、
ピュアディオブランドの準備も始めて、JBLと自社物の2本立てという販売スタイルを確立しました。



このBOSE社が市販のトレードインスピーカーをやめる前に、
1998年から2000年にかけて自動車メーカー2社から話があって、
プレミアムサウンド車の試作をやってみないかという事で、是非という事で試作車を作るお手伝いをしました。



2社ともBOSEの1060Ⅱにピュアコンと専用のスピーカーケーブルを使うという物で、
ノーマルの1060Ⅱはツイーターの下限は制限しているものの、ミッドの上限は制限無しのフルレンジで、
同じ周波数が広い範囲で重なっていて、違う向きで同じ周波数がぶつかって
音がキャンセルされている部分が多く、体感音圧が薄く感じる所を、
適切なクロスポイントの選択で音質も音圧もバランスが良いという試作車が出来上がりました。



ただ試作車は作ったものの、
音の出来栄えが良くても純正オプションにはそれは採用出来ないという話になって、
理由の1つはツイーターが出っ張っているので、これをどこかにしまって欲しいという話で、
これは音質上無理ですという話で、
2つ目はコストをもっと下げたいのでコンデンサの左右のペアリングをやめるのと、
コイルの銅線を細くして今ほどの精度を求めなくても大丈夫だろうという事と、
3つめにケーブルのコストが高いのでもっと細くて安い物に出来ないかという話で、
全ての条件を飲んだら結局いつもの純正のプレミアムサウンドで、
あくまでこういう事をしたらこのぐらい音が良くなるという実験だけに終わりました。



このメーカー2社に「どうしてうちの会社を選んだのですか?」と聞いたといころ、
どちらとも「カーオーディオの専門誌でない普通の自動車雑誌の編集部に、
日本で一番音の良いカーオーディオ専門店はどこか?と尋ねたらそちらの名前が出て来た。」という
答えが返って来ました。



確かにカーオーディオ専門誌だと当社より有名な店は沢山ありますが、
ツイーター以外の部分ではフォルムを変えないというのも選ばれた一つの要素でしたが、
ツイーターの位置だけはどうしても譲られず、
現在ではカロッツェリアの車種別の専用のツイーターのマウントが、
よく見たらピュアディオが長年推奨している角度によく似ているな?と思う様に、
この位置は高音質の肝なので変える事が出来ませんでした。



そんなBOSEの1060Ⅱを使った試作車を作ってから
1・2年でBOSEは自動車メーカー向けしかカー用のユニットを出さないという話になって、
今考えると自分で自分の首を絞める様な事をしてしまいましたが、
その一方で自動車メーカーが今後プレミアムサウンド車を増やして
アフターマーケットを潰そうという意気込みも分かり、その対策を事前に打つ事が出来て、
それはそれで助かりました。



BOSEの1060Ⅱや1070はそれなりに買いだめはしていましたが、
何か月後には物が無くなるためにハーマンインターナショナルのカー事業部と交渉して、
当時のJBLのトレードインスピーカーはツイーターの大きさが小さかったので、
中級グレードのツイーターとトレードインのミッドの独自の組み合わせで販売したいと申し出たところ
一度は断られて、2度目には「サウンドピュアディオさんという組織を良く知りませんでした。」という事で、
こちらの要望の単品ユニットの組み合わせで大量購入するという事で、
ユニットをバラバラで自由に選べるチョイスを可能にしてヒット商品となりました。



このBOSEからJBLに切り替えた時期に、
ちょうど自動車メーカーの3年プラス車検時に追加で2年プラスの合計5年保証というシステムが普及して、
純正スピーカーのサプライヤーは5年以上確実に持つ耐久性というのが求められて、
へたすると耐久性は国産のトレードインスピーカーよりあるぐらいになり、
その分見た目はもっと質素になって、豪華な見た目の国産のトレードインスピーカーと替えるメリットは
全く無くなって来ました。



そこで純正ドアスピーカーはそのままで、
ツイーターを豪華な物を使うという『ベーシックパッケージ』が世の中から必要とされるのでは?と考えて、
輸入トレードインスピーカー主流から、ベーシックパッケージを主流にビジネスの舵を切る事になりました。



ここで話しは少し前に戻って、自動車メーカーはなぜここまでプレミアムサウンドに力を入れて
アフターマーケットを潰そうかと考えていたかというと理由は二つあって、
1つは大手カー用品店2社の車検を取りディーラーの売り上げを下げているという事に対する報復で、
こちらとしては完全なとばっちりなのですが、これはどうにもなりません。



もう一つはカーオーディオ業界やカスタマイズ業界のド派手なクルマいじりで、
ディーラー系の中古車センターに並べられず、アンダーグラウンドな世界でしか流通出来ない車を作るのは
けしからんと、アフターでいじりにくい、もしくはいじれない車を作るという方向にメーカーが進んでいて、
これはアフターパーツの業界が自分で自分の首を絞めているとしか思えず、
ピュアディオでは逆に『ドアスピーカーを交換しなくても良い音で音楽を聴ける!』を
主力にせざるを得なかったというぐらい業界は劇変しました。



ただここで役立ったのは自動車メーカーの試作車を作ったというノウハウで、
試作の段階ではこのぐらいコストをかけていたのを、
量産の手前でここをこのぐらい削られていないか?という予測をして、
逆に削られたであろう部分をプラスして、ツイーターのマウントの自由度でもっと理想的な音を求めれば、
このベーシックパッケージの計画はお客様に受け入れられるのではないだろうか?という考えのもと
進めて行きました。



このベーシック計画の到達点はベーシックパッケージを取り付けた車が世に多く走るという事だけでなく、
中古車市場にベーシックパッケージを取り付けた車が流通するという、
買取業者の価格がベーシックに対してプラスオンのお店が出て来るというのが最終的な目的でした。



全ての買取店ではありませんが、最近ではベーシックパッケージを付けたままにしておいて欲しい、
上乗せ価格で買い取りますというお店も出て来て、「中古車を買ったら音が良かった!」と
お客様に喜ばれたと、当店にお店からお礼のメールを頂いた事もありました。



この中古車市場で人気になるというのは並大抵の事ではなくて、
サウンドピュアディオが関係しているFMのラジオ番組が店頭で流れているお店で
買取価格がプラスオンというお話はよく聞く様になりました。



ごく一部のマニア層の評価ではなくて、
FM放送を通じて広く多くの方にサウンドピュアディオの音の良さを知って頂くのと、
放送事業を通じてアーティストさんの音楽活動を応援するという事で、生音・生声に触れて、
シンプルなシステムでも正確な音色で音楽を聴けるというメリットを多くの方に知って頂き、
それが中古車市場でのプラスの魅力に繋げる事が出来ました。



最初はBOSEのトレードインスピーカーの話でしたが、後半がベーシックパッケージの話に変わったのが、
今回代車にお出しした先代の日産デイズのベーシックの音が、
「とても純正のドアスピーカーを使っているとは思えない!」と驚いておられたのもあって、
なぜベーシックパッケージが生まれたかという話のスタートは、
実はBOSEのトレードインスピーカーがルーツだったという、一つのストーリーになっていたからでした。



そんなお話をEKクロスを納車させて頂いた時に話していて、
「これは是非多くの人に知って欲しい!」という事で今日掲載させて頂きました。



Nボックス・カスタム カーオーディオの音質アップ

2022-12-15
今日ご紹介する一台は、本日の宇部店の完成車から、ホンダのNボックス・カスタムです。



オーディオレス車で入庫となって、これまで持たれていたシステムの移設取り付けと、
ドア4枚の防震作業と、新たにアルパインのディスプレイオーディオの取り付けを行いました。



まずはフロントドアは片側3層のフル防振の施工を行って、
その後でアウタースラントのバッフルを製作して・・



2台前のお車から移設し続けているピュアディオブランドのZSP-MIDを取り付けました。



ツイーターは1台前のお車から移設して来たJU60を、ダッシュにワイドスタンドを製作して
取り付けています。



リアのドアにはスピーカーは付いていませんが、
静粛性と断熱性をアップさせるために片側2層の防振施工がされています。



全ての結線が終わって音が鳴る様になったら、
アルパインのディスプレイオーディオにスマートフォンを接続して音を鳴らします。



ディスプレイオーディオからRCAのコアキシャルでデジタルアウトされた信号を、
ナカミチのCD-500PPにデジタル入力して、
中のDAコンバーターを通して音信号に変えて再生しています。



ナカミチのCDー500PPのPPはピュアディオ・プレミアムモデルの略で、
ナカミチの日本法人が無くなった後にUSAナカミチは残って、
マレーシアの工場で生産されいたCD-500はラジオがアメリカ仕様のために
88MHzから108MHzの20メガ幅で、日本仕様の76MHzから90MHzまでの
24メガ幅の物と違っていて、マレーシアからアメリカ仕様を日本に取り寄せて、
それから中のチューナーを入れ替えて日本仕様にして、そこまで中を開けて作業をするならと、
通常のオーディオ性能もアップさせたのがCD-500PPです。



アルパインのディスプレイオーディオ=CD-700系のデッキと組み合わせるのが定番でしたが、
初めてのCD-500系との組み合わせでした。



そして音調整はCD-500PPの3トーンはフラットで使用して、
グローブボックス下の10ピース構成のピュアコンのパーツの値をあれこれと変えて、
生音・生声に最も近くなるパターンを見つけて調整を終了しました。



オーディオとは無関係ですが、レーダー探知機がアニメのキャラクターが喋るモデルで、
こちらに無線機用の外部スピーカーを取り付けて、綺麗な声で聞こえる様に改善しました。



無線機用のスピーカーは普通はインピーダンスが8Ωなのですが、4Ωのモデルを3個買いだめしていて、
最初8Ωを取り付けて声が小さかったので、秘蔵の1品を取り出して来て取り付けたらバッチリ合いました。



ただその前に2個もナビの音声ガイド用に宇部店のピットに持って行かれて、
専務からは「こんな3個も買って無駄使いして!」と言われましたが、
そのめったに入手出来ない物を買いだめしていたからこそ、
お客様のナビガイドなどの音声が綺麗な音で聞ける様になっています。



そのスピーカーは下関の無線機屋さんも、福岡市の無線機屋さんでも前は有ったのに今は見当たらず、
早く専務から4Ωの無線機用のスピーカーをネットで探して買って返して欲しいです。



三菱EKクロス カーオーディオの音質アップ その2

2022-12-14
今日ご紹介する1台は、本日の宇部店の完成車から、三菱のEKクロスです。



ATOTOのディスプレイオーディオと、
BOSEの現在は市販されていないタイプのトレードインスピーカーが取り付けられた状態で入庫となって、
取付を一からやり直して、ピュアコンの取付とドア防振の施工を行いました。



フロントドアのフル防振の施工が終わった後に、リアの外板裏のベーシック防振の施工を行って、
インナー取付されていた16センチサイズの1060Ⅱのミッドレンジはスペアユニットに交換しました。



内張りはセメントコーティングを行って、フロント3層でリアが2層というピュアディオでは
結構な確率でされるパターンで4枚のドアの防振が完成しました。



フロントのドアには17センチサイズの1070のミッドレンジがインナー取付されていた物を
そのまま使用して・・



Aピラーに取り付けられていた1070のツイーターはスタンドを製作してダッシュ上に
適切な仰角・振り角を付けて取り付けました。



1990年の初頭から2000年の初頭までは当社ではBOSE社のトレードインスピーカーを
とんでもない数の販売数を誇っていて、その理由は付属の小さなネットワークをピュアコンに交換すると
極端に音質がアップするという理由で、ある意味黄金期がありました。



そんなBOSEのトレードインスピーカーですから、セッティングには自信がありましたが、
現在ではピュアコンの世代が4世代も変わっていて、BOSE用は2世代目以降開発をしておらず、
かなり時間をかけてあれこれユニットを交換して適性を探りました。



ブラックボックス+外付けコイルのシンプルな構造ですが、
黄金期には出せなかったレベルで生音・生声に近いサウンドを奏でる様にセッティングしました。



時間補正=タイムアライメントは全てゼロにして・・



イコライザーは中高音はフラットで、低音域を3カ所動かして、全体の音のバランスを取って、
EKクロスは完成しました。



10年ぐらいはBOSEのトレードインスピーカーのセッティングをかなりの台数行っていて、
2000年代の初頭にBOSE社は日本でのトレードインスピーカーの販売をやめて、
10年以上は1060や1070のセッティングは行っておらず、
自分の30代から40代のかなりの時間を向き合って来たスピーカーと再開出来て、
いつも本気で仕事をしていますが、その時代を思い出してかなりの時間をかけて音調整を行って、
「もしあの時代に今の技術があったら!」という意気込みでセッティングを行いました。



BOSEのトレードインスピーカーについての事は、後日詳しく書き込みを行いますので、
そちらもご覧下さい。



お客様の質問にお答えして 第34話

2022-12-12
新・お客様の質問にお答えしてのシリーズは、前作の20話手前の終了と変わって、
もう34話までやって来ました。



土日に多くのお客様とお話する機会があって、そこで出た質問をここで2つ紹介させて頂きます。



まず一つは以前10月10日の開業40周年の記念日に、通常の音楽や放送関係の行事があまりに多くて、
記念事業が出来なかったので、3カ月ちょっと遅れて記念事業を行いますと書き込んだのですが、
「詳しく教えてもらえませんか?」という問を多くの方から頂きました。



記念事業は創業の地の山口県に限定したもので、情報公開は今日の1週間後に大々的に発表しますので、
もう1週間お待ちください。



次に多かった質問はツイーターに関してのご質問で、
「ベーシックパッケージ用のATX-25ツイーターは1種類なのに、
なぜATXー30は複数モデルがあるのですか?」という事に関するお答えです。



元々ベーシックシリーズが生まれた2001年はまだJBL社が25ミリ外ドームの普及価格帯の
ツイーターを発売していて、これをピュアディオ向け専用ロットで生産してもらっていた時期があります。



その後JBL社の普及帯のツイーターは19ミリサイズとなり、音域は3割程度削られる形となり、
ピュアディオブランドのATX-25を発売してそのカテゴリーを補う事になりました。



ただ発売前から見た目がJBL社の方が豪華だったので、
それまでツイーターもミッド用も同じPSTケーブルを使用していたのを、
ツイーター音域専用のモデルを別に生産して、ATX-25の音質を更に向上させて、
総販売数700セットを越えるヒット商品になりました。



しかしその一方でシルバードームでプラス14700円というのを売りにしていた
アップバージョンが存在していて、ブラックとシルバーでほぼ販売数が同じで、
それぞれ500セット以上の販売数を誇っていて、
合わせると1100セット以上という考えられない台数が売れたヒットモデルでした。



そのJBLのシルバードームの代わりになる商品をというお客様の要望に応えたのが
ATX-30のシリーズです。



ただこのATX-30が同じ名前でありながら3種類もあるというややこしいモデルなので、
ここでその内容を詳しく書き込ませて頂きます。



当初発売されたATX-30はJU60とサイズを同じにして、ワイドスタンドにピッタリ入るというのを
売りにしていました。



JU60のマウントに入れて取り付ければ、後からJU60にアップする時にスタンドはそのままで、
ピュアコンを変えるだけというメリットをアピールして、シンプルスタンドでも使えますという
2通り使える優れ物という、これまでに無いカテゴリーというつもりで発売しました。



しかし実際にはシンプルスタンド20に対してワイドスタンド1ぐらいの割合で、
元もJU60の形状に合わせたためにハウジングがあるモデルに対しては見た目がちょっと?という声を
多く頂き・



ハウジング付きのATX-30Jというモデルを発売しました。



末尾のJの意味は、1990年代にB&Wがカー用の13センチミッドを発売していた事があって、
その時に初期モデルがホームオーディのハウジングをそのまま使用していて、
後でカー専用で別なタイプを作った時に末尾がJとなっていて、それでATX-30Jという名前にしました。



古い話ですが1980年代から1990年代にサウンドピュアディオの前身の
オーディオボックスはB&W製のカー用のユニットを日本で最も販売していて、
ホーム用の13センチユニットを車にもっと適した様にと改善を要求して、
日本向けモデルという意味でJが末尾に付いたという話もあって、
その改善には最も販売数を誇っていた当社の影響もあるという事で、Jの末尾には勢いを感じています。



ただし通常のATX-30をシンプルスタンドで使う事もあって、
実は見た目は同じでもATX-30はインピーダンス違いで2種類あって、
レクサスなどのインピーダンスが特殊なクルマには標準モデルの見た目のインピーダンスが特殊なモデルを
使用する事が多々あります。



ATX-30は当初限定モデルという位置づけでしたが、
いつの間にか合計3モデルも存在するレギュラーモデル的な存在になっていました。



以上先週末に複数のお客様から頂いたご質問にお答えいたしました。



三菱EKクロス カーオーディオの音質アップ その1

2022-12-11
今日ご紹介する1台は、現在の宇部店の作業から、三菱のEKクロスです。



他店でシステムを取り付けられていましたが、一から取り付け直す作業でお預かりしています。



まずは他店でデッドニングされた材料を全て外します。



アルミとブチルゴムが綺麗に剥離していますが、ドアを分解した時点である程度剥離していたので、
剥がして行くうちにどんどん分かれて行って、最初から別な材質の様な剥がれ方でした。



また吸音材はデッドニングと呼ばれている材質で、吸音し過ぎて音楽の必要な部分まで台無しにしてしまい、
音楽の良い部分もデッドしていました。



素の状態になったフロントドアの外板裏の鉄板に、3種類の防振材と防振メタルを貼り合わせて、
ドア全体の響きをスムーズに下げます。



響きの中心を見つけて、その周波数に合った材質を8カ所貼る、
ピンポイント防振で心地良い響きに整える、音楽でいう調律の様な防振を行っています。



次にサービスホールを金属シートで塞ぐ防振を行います。



ブチルゴムを含まない金属のみのシートを使い、強度を上げるために重なる部分の芯を作って、
音圧を上げながら余分な振動をシャットアウトします。



重ね貼りをしているため切り口が沢山ありますが、
全てシリコンでコーキングして、将来剥がれが起こらない様に工夫してあります。



防振作業とは別にグローブボックス下にMDF板を敷いて、
ピュアコンを取り付ける段取りを行って、各部からピュアディオブランドのPSTケーブルを引いて来ます。



ダッシュにはメーカー製のツイーター用のケーブルが引かれていましたが、古くなって黒ずんでおり、
PSTケーブルのツイーター音域専用のケーブルが末端に24金メッキの端子を付けて引いて来られています。



リアドアにはインナーバッフルを取り付けてトレードインスピーカーが付けてありましたが・・



インナーバッフルはレインガードが無いので、
後ろが濡れてスピーカーが傷んでいて、更にデッドニング材のスポンジが水の流れをおかしくして、
更にスピーカーを痛めているという状態でした。



よく来店された方から、「防振とデッドニングは同じですよね?」と聞かれる事がありますが、
一般的にデッドニングと言われている手法や材質と、ピュアディオの防振は考え方も材質も全く違いますと
言っています。



EKクロスの作業はまだ続きます。



  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る