本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

マツダ・デミオ カーオーディオの音質アップ

2019-10-27

今日ご紹介する1台は、昨日の宇部店の作業から、
マツダのデミオです。
 
 
 
 
マツダコネクト付きのお車にベーシックパッケージの取付と、
ベーシック防振の施工のWパッケージの作業を行いました。
 
 
 
 
デミオのツイーターは指向性の強い内ドームタイプがダッシュの先端に付いていて、
ガラスの反射で音を聴く様になるので、レベル的にはそこそこ出ていても、
長時間聴くと疲れてしまう荒い音です。
 
 
 
ベーシックパッケージではスタンドを使って角度を付けて、
音が拡散するタイプの外ドームツイーターで鳴らす事で、
上質で聴き疲れしない高音を再生しています。
 
 
今回はアップグレードのATX-30を使用しています。
 
 
またデミオはマツダコネクトの車両アンプの出力が弱いので、
純正ドアスピーカーをそのまま使用するのではなくて、
JBLのスピーカーの交換費用まで含まれているので、
88000円プラス税と基本パッケージの価格が高くなっています。
 
 
 
 
標準パッケージはGX602のコアキシャルスピーカーのツイーターをカットして
16・5センチミッドとして使用していて・・
 
 
 
 
5000円プラス税の差額でGX600Cのミッドのに替える事が出来ます。
 
 
 
 
更に1万円プラス税ではクラブ6500Cのミッドに交換出来て、
今回はベーシックの基本パッケージから
ATX-30とクラブ6500Cミッドへのアップと豪華版となりました。
 
 
 
 

 
ドアの外板裏には防振マットと防振メタルを貼り合わせるベーシック防振の施工を行い・・
 
 
 

 
マットとメタルを合わせて8枚外板裏に貼るところを、
デミオではドアポケットの中のプラスチックの鳴りが気になるので1部をここに貼って、
トータル8枚でドア全体の響きを抑えています。
 
 
 
 
 
 
またこの年式のデミオではバス・トレブル・フェダー・バランスなどの全ての操作を
全てセンターにした時が最も音がクリアーで、
そのためピュアコンのパーツの点数も他の車種よりも増やして
サウンドコントロールを動かさなくてもいい様に工夫しています。
 
 
マツダコネクトの車両アンプからフロント信号をPSTケーブルで引き出している横の、
リアの出力にはアッテネーターを入れて、フェダーセンターで丁度いい様に設定しています。
 
 
 
 
更にピュアコンは通常の4ピース構成を5ピース構成として、
バランスを動かす事無く左右のレベル調整をしています。
 
 
 
ピュアコンは白いラベルのRRタイプに交換して
差額4000円プラス税で高音の艶をアップさせていて、
基本はベーシックでもオプションを多数プラスして、
マツダコネクトのサウンドを大幅にアップさせました。

トヨタ・アルファード スピーカーの音質アップ

2019-10-26

今日ご紹介する1台は、昨日の宇部店の完成車から、
トヨタのアルファードです。
 
 
 
 
アルパインのアルファード専用のビッグXを装着した状態で入庫となって、
JU60を使ったプレミアムなベーシックパッケージの取付と、ドア防振の施工を行いました。
 
 
 
ドアの内貼りを取り外して、
外板裏にベーシック防振の施工を行った後にサービスホールを塞ぐ防振を行いました。
 
 
 
 
内張裏には下処理を行った後にセメントコーティングを行って、
方ドア3面のフル防振の状態になりました。
 
 
 

 
ドアスピーカーはトヨタ純正をそのまま使用して、
低音はパワードのウーファーもいらないぐらいの低い所から再生しています。
 
 
 
楕円のプレートが付いているからかかなり大きく見えて、
18センチぐらいあるかな?と思って計ってみたら、
稼働している部分は16・5センチだったので、目の錯覚だったのでしょう。
 
メーカーによっては稼働していない部分も含めて外形表示をしているので、
表示と実態が同じとは限りません。
 
 
ツイーターはワイドスタンドを製作してJU60を取り付けて、
ATX-25⇒ATX-30⇒JU60と周波数レンジが広がって来て質感も上がるので、
純正側があまり上の方を鳴らさなくて済むので、全体的に音質が向上します。
 
 
 
 
 
ビッグXは一度取り外して、裏からピュアディオブランドのPSTケーブルで音信号を取り出して、
グローブボックス下までひいて行きます。
 
 

 
ピュアコンはブラックボックス4連の8ピース構成で、
コイルは精密な3Dプリンターで製作した物に輸入物の上質な銅線を手作業で巻いた優れ物です。
 
 
 

 
入庫された時はパッケージされたとんでもないレベルの上下のイコライジングだったのが・・
 
 
 
 
JU60を使ったプレミアムベーシックパッケージとフル防振で、
数カ所下げるだけで生演奏・生声に近い音が表現出来るハイエンド的な音質に変わりました。
 
 
 
純正のドアスピーカーを使いながら、
綺麗に再生出来ない音域はあっさりカットして使用しているので、
クセが強いトレードインスピーカーでは表現出来ない滑らかな音を表現しています。

ノートとスイフトとデミオの代車

2019-10-25

ノートのeパワーが発売されて直ぐに買ったガンメタのノートが、
11月登録のために早めに車検に出す事にbなりました。
 
 
 
期限の1か月前から車検に出せるので、早めに出しておかないと、
長期の代車だと途中で「車検が切れるので他の代車と替えて下さい。」となってしまうので・・

 
そして2か月ちょっと福岡店に置いていた黄色いスイフトスポーツの代車は、
宇部店でMT車に乗りたいと言われるお客様があったので、昨日移動して来ています。
 
 
 
 
それで福岡店は一時的に2台代車が減っているので、
3週間前ぐらいに宇部店にマツダ車が足らないと移動して来ていた
赤いデミオを再び福岡店に移動させました。
 

 
 
宇部店はマツダの防府工場やマツダ関連の工場にお勤めの方で、
「代車はマツダ車でないと困る。」と言われる方があるので、
極力宇部店に置いておきたいのですが、もう一台シルバーのデミオもあるのと、
白ノートと青ノートが代車に出て手元に無かったので福岡店に移動です。
 
最近の傾向としてマンションに住んでいて
駐車場が155センチ以下の車しか止められないという方が増えて来て、
中には職場の駐車場が155センチ以下でないと入らないという話も出て来て、
代車のローテーションにはこれまで以上に気を使う様になりました。
 
 
ちなみにスイフトスポーツはデモカー兼用で、
ドアはフル防振でアウター・スラントバッフルにZSP-LTD15で、ツイーターは
ワイドスタンドを製作してJU60が付けてあります。
 
 
 
 
 
MT車ですがハンドルリモコンでボリュームと曲順操作が出来るので便利です。
 
 
 
 
最近まではサイバーナビが付いていたのですが、
デモンストレーションをした時に「サイバーナビを使っているから音が良いんじゃないですか?」と
聞かれる事があったので、楽ナビに入れ替えています。
 
 
 
またサイバーナビはメニュー画面から一度入らないとイジェクト表示が出ず、
楽ナビはイジェクトボタンが表に出ているので、初めて操作する人でも使いやすいので、
ほとんどの代車で楽ナビを採用しています。
 
 
イコライザーは13バンドのうちの1か所1クリックだけ動かしている状態で、
デモンストレーションの時に音が整っているのにあまりに動いていないので、皆さん驚かれます。
 
 
 
 
あっ!よく見たらハイオク仕様の記載が無かったのでテプラーで追加しておきました。
 
 
 

 
他の代車は全てレギュラー仕様で、唯一のハイオク車でした。
 
 

 
代車で希望される方がありましたら、早めに予約されれば、
宇部店でも福岡店でも借りる事が出来ます。

ホンダ・フィット カーオーディオの音質アップ

2019-10-24

今日ご紹介する1台は、現在の宇部店の作業から、
ホンダのフィットです。
 
 
 

 
以前乗られていたお車からナカミチのCD-700KKを移設して取り付けて、
システム構築を行っています。
 
 
 
 
ドア内には方ドア3面のフル防振の施工を行った後にアウター・スラントのバッフルを製作して、
今回新品のZSP-LTD15を降ろして取り付けました。
 
 
 
 
ツイーターはワイドスタンドを製作して、JU60を取り付けていますが、
こちらは以前から使われている物を使用しています。
 
 

 
グローブボックス下には合計10ピース構成のピュアコンを取り付けていて、
ミッドが新しくなった分、コイルの巻き数を変えてZSP-LTD15にマッチングさせます。
 
 
 
ピュアコン方式はツイーターとミッドを別々に交換しても、その都度パーツの値を変えれば、
組み合わせが変わってもピークポイントに合わせられるので便利です。
 
 
CD-700KKはアンプレスなので、
助手席のシート下にナカミチのPAー502を取り付けて、
クセの無い音を再生させています。
 
 
 
 
運転席下にはアナログの30バンドのイコライザーが入っていて、
ダイヤルならではの細かい音調整をしています。
 
 
 
 
作業中はバッテリーチャージャーを使ってフル充電で出庫出来る様にしていて・・
 
 
 

 
バッテリーはボッツシュのハイテックシルバーⅡに交換してあります。
 
 
 
 

 
ダッシュ上には防振メタルを貼り合わせて余分な響きを抑えて、
フロント2WAYのシンプルなシステムながら、
細かい所までこだわった極めたシステムとなっています。
 

ホンダ・フィット カーオーディオの音質アップ

2019-10-24

今日ご紹介する1台は、現在の宇部店の作業から、
ホンダのフィットです。
 
 
 

 
以前乗られていたお車からナカミチのCD-700KKを移設して取り付けて、
システム構築を行っています。
 
 
 
 
ドア内には方ドア3面のフル防振の施工を行った後にアウター・スラントのバッフルを製作して、
今回新品のZSP-LTD15を降ろして取り付けました。
 
 
 
 
ツイーターはワイドスタンドを製作して、JU60を取り付けていますが、
こちらは以前から使われている物を使用しています。
 
 

 
グローブボックス下には合計10ピース構成のピュアコンを取り付けていて、
ミッドが新しくなった分、コイルの巻き数を変えてZSP-LTD15にマッチングさせます。
 
 
 
ピュアコン方式はツイーターとミッドを別々に交換しても、その都度パーツの値を変えれば、
組み合わせが変わってもピークポイントに合わせられるので便利です。
 
 
CD-700KKはアンプレスなので、
助手席のシート下にナカミチのPAー502を取り付けて、
クセの無い音を再生させています。
 
 
 
 
運転席下にはアナログの30バンドのイコライザーが入っていて、
ダイヤルならではの細かい音調整をしています。
 
 
 
 
作業中はバッテリーチャージャーを使ってフル充電で出庫出来る様にしていて・・
 
 
 

 
バッテリーはボッツシュのハイテックシルバーⅡに交換してあります。
 
 
 
 

 
ダッシュ上には防振メタルを貼り合わせて余分な響きを抑えて、
フロント2WAYのシンプルなシステムながら、
細かい所までこだわった極めたシステムとなっています。
 
  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る