本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

トヨタ86 カーオーディオの音質アップ

2020-05-20

今日ご紹介する1台は、先日の福岡店の作業から、トヨタの86です。

 

 


カロッツェリアの楽ナビに、ナカミチのアンプとスピーカーを取り付けた状態で入庫となって、

ベーシックパッケージの取付とドア防振の作業を行わせて頂いたところから、システムアップのための

2度目の入庫となりました。
 

 

 

楽ナビのオープニング画面にナカミチのロゴが映る様にしてあって、

かなりのナカミチファンですが、福岡店に入庫される前は他のお店で取り付けられていたので、

ナカミチの製品の良いところが活かされていませんでした。

 

 

 

ドアには一見アウターバッフルに見えますが、実は純正グリルとナカミチのグリルが付け替えてあって、

インナーでミッドが取り付けてあります。
 

 


トランクルームにはナカミチマーク付きのサブウーファーが付いていて、100PAの4CHアンプを

2チャンネル遊ばせて、2チャンネルをミックスモノラルにしてウーファーを鳴らして、

フロントスピーカーは楽ナビの内蔵アンプで鳴らしていました。

 

 


そのためアンプには楽ナビのウーファー出力を使って・・
 

 


フロントは楽ナビのハイパスフィルターを使わずに、ピュアコンのオプションパーツでローカットして、

ウーファーとフロントスピーカーの音が重ならない様にしていました。
 

 


今回の作業ではトランクにピュアディオチューンのハイローコンバーターを取り付けて、

ここで正確にフロントスピーカーとウーファーの音域を分けて、これまでの少し曖昧な音の繋ぎを、

クリアーな状態で分配して、余っていたアンプの2CH部分でフロントスピーカーを

駆動する様に改善しました。
 

 


ラインケーブルはこれまで使っていた安い物から、ピュアディオブランドのSKYに交換しました。

 

 


楽ナビはRCA出力が無いので、ピュアディオチューンのハイローコンバーターを取り付けて、

スピーカー出力をRCA化して、チャンネルディバイダーでフロントの低音をカットしているので、

ピュアコンは6ピース構成から4ピース構成に変更して、フロントの聴こえ方が変わった分、

コイルの値を2マイクロヘンリー上げてバランスを取りました。
 

 

 

ツイーターは前回取り付けたピュアディオブランドのATX-25で、

こちらはシステム変更の影響を受けない音域だったので、周波数レンジとレベルはそのまま使用しました。
 

 

 

そして全ての結線が終わって音が鳴る様になったら、楽ナビの音調整機能を動かして音を追い込みます。

 

 


いつもの様にタイムアライメントは全てゼロで使用します。
 

 


一般的にはタイムアライメントを使って高音質にすると言われていますが、

これは全くの間違いで、実際に歌っているボーカリストに会って生の声を聞いたら、

タイムアライメントを入れたら音色が変わるというのが分かります。

 

 


以前あるボーカリストの方から、「今のカーオーディオの考え方は間違っている!」

とご指摘を頂いた事があるのですが、その方は自分がタイムアライメントを使わずに、

大手メーカーの音の良いショップリストにも載っていないという事をご存じ無い方で、

「うちの車は他とは違いますから!」とデモカーを聴いて頂こうと思ったのですが、

自分の作品をめちゃめちゃにされたという思いが強くて、それ以上話も聞いてもらえなくて、

当然デモカーも聴いてもらえませんでした。

 

 


そのぐらいタイムアライメントは音楽を作っている方からすると迷惑な存在で、

自分もこれまで数十人のボーカリストの生声を聞いた上で必要ないと思います。

 

 

 

最終的にイコライザーを1カ所1クリック下げた所でセッティングを終了して、

86はナカミチ製品の良い部分を十分に引き出して、より生音・生声に近い状態で仕上がりました。
 

 

 

ホンダ・ステップワゴン カーオーディオの音質アップ

2020-05-18

今日ご紹介する1台は、現在の福岡店の作業から、ホンダのステップワゴン・スパーダです。
 

 

 

ホンダ純正のギャザーズの大画面ナビオーディオを装着した状態で入庫となって、

以前にベーシックのWパッケージの取付をして頂いていました。
 

 

 

今回はシステムアップのための2度目の入庫で、フロントスピーカーの交換などを行いました。
 

 

 

まずはフロントドアの内張りを外して、純正スピーカーを取り外して、インナーバッフルを製作して、

上半分にレインガードを取り付けます。
 

 

 

車室内からピュアディオブランドのPSTケーブルを通して、JBLのGX600Cの

16・5センチミッドを取り付けます。
 

 

 

GX600Cには小型のツイーターが付属していますが、ベーシックパッケージで購入された

ピュアディオブランドのATX-25の方がかなり周波数レンジが広いので、

付属ツイーターや付属ネットワークは使用しません。
 

 

 

ベーシックパッケージで使用していたピュアコンのブラックボックスはそのまま使用して、

コイルの交換とSSFというパーツを追加して、合計6ピース構成としました。
 

 

 

ステップワゴンはかなり下の方にスピーカー位置があり、コイルの巻き数は少なめにして、

ミッドの上限周波数を伸ばして、ツイーターの下限周波数とのバランスを取りました。
 

 

 

ピュアコンのコイルは基本的に1マイクロヘンリー刻みでストックしていますが、

組み合わせによっては0・5マイクロヘンリーで調整する必要があって、今回のステップワゴンでは

スピーカー位置が低くて、音の表現が1マイクロ刻みでは上でも下でも納得出来ず、

0・5マイクロ刻みの物を使用したらピッタリと音が理想的な響きになりました。

 

 


最後にギャザーズのナビのイコライザー調整を行い、このナビの音は元が低音を強く出していたので、

聴感上のフラットにするために左から右に上がる様なパターンでセッティングしました。
 

 

 

ただスピーカーを入れ替えて音を変えるのではなくて、適切なパーツを要所要所に入れて、

トータルで生音・生声に近い音を表現出来るシステムになりました。

 

 

 

昨日の宇部店の作業

2020-05-17

昨日は一日宇部店にいて、裏の製作室で作り物をしていました。

 

 


JBLの4312MⅡのチューニングモデルが出来たら1本1本鳴らしてテストして、

お客様に納品出来る様にしています。
 

 


昨日は台数に余裕が出て来たので、店頭に並べてデモンストレーション出来る様になりました。

 

 


最初はお客様の希望によってネットワークを外付けか中に内蔵するかを選べる様にするつもりでしたが、

やはり外に出した方が音質が優れているので、外付けタイプのみの販売としました。

 

 


もうユニットを上級グレードに変えたいという話も出て来ていて、ミッドよりもツイーターを交換した方が

安上がりに音質アップが図れそうです。
 

 


ネットワークはモジュール式で端子6本で繋がっているので、バージョンアップは簡単に出来ます。

 

 


他にはデジタルプロセッサーの内部のハンダ付けのやり直しを行いました。

 

 


黒くペーストの焦げた跡が見える場所がハンダ付けがやり替えてあります。

 

 

 

ノーマルだとカサカサして音が聴こえてしまい、音に艶が無いのですが、安いハンダを吸い取って、

高い物に差し替えると不思議と音が滑らかになります。

 

 

 

スピーカーのチューニングとプロセッサーのチューニングを数台行っていたら、

電動でハンダを送る機械のロールが空になってしまいました。

 



別な机ではハンダ槽を370度まで熱して・・
 

 


SKY3やPMBケーブルの絶縁しているエナメル質を焼き切って、

床に余分なハンダを遠心力で叩きつけて、その後から銀入りハンダを差し込む作業もしていました。
 

 


ここのハンダも使い切ってしまいそうです。
 

 


この上に乗っているスライダックの電圧調整は、換気ダクトの途中に2個換気ファンが付いていて、

その1方を電圧を調整して最も効率よく排気出来る様に調整しています。

 

 

 

予備のハンダロールを2個用意していましたが、昨日だけで2ロール使ってしまい、

最近のピュアディオチューンの需要の多さに驚いていました。
 

 

 

ホンダ新型N-WGN スピーカーの音質アップ

2020-05-16

今日ご紹介する1台は、先日の宇部店の作業から、ホンダの新型のNワゴンです。
 

 


ホンダ純正のギャザーズのナビオーディオを装着した状態で入庫となって、

ベーシックパッケージの取付と、ベーシック防振の施工の、Wパッケージの作業を行いました。
 

 


まずはドアの内張を外して、防水シートも一度外して、外板裏に防振メタルと防振マットを貼り合わせます。
 

 

 

ドアスピーカーはこれまでのホンダの軽自動車と同じ物が使用されていますね。
 

 


最初の1台なので響きの中心を調べて、どの位置に何の材質を貼るかマーキングして、

次に同じ車が入庫した時のために手順書を製作します。
 

 

 

防振材を貼り付けて、防水シートを元に戻して、内張を組み付けたらドアの作業は完了です。
 

 


今回は内張裏にセメントコーティングの施工は行っていませんが、薄くて吸音フェルトも貼ってないので、

施工すれば効果はかなり得られそうです。
 

 

 

次にグローブボックス下にMDF板を敷いて、その上にピュアコンのブラックボックスとコイルと、

そしてオプションのSSFを取り付けて、純正ナビから音信号を引いて来ます。

 

 

元々フルレンジ構成で、ツイーターの無いダッシュにピュアディオブランドのATX-25ツイーターを

取り付けたらベーシックのWパッケージは完成です。
 

 

 

純正ナビの調整画面に入るとケンウッド製の内容で、音を強調する機能は全てオフにしてから

調整に入りました。
 

 

 

純正スピーカーだけだとかなりかったるい音がしていて、極端なイコライジングがしてあったところから

一度フラットに戻して、少しずつイコライジングをして行きました。
 

 


入庫前に極端なイコライジングがしてあったので純正スピーカーにクセが付いていて、

それを時間をかけて慣らしてから、音のクセが取れてから最終的なイコライジングを行いました。

 

 

 

ベーシックと言いながらも、細かいセッティングを個別に行っていて、特にナビの機種の違いがあっても、

最終的に目的としているスタジオ的な音に合わせて行きます。

 

 

 

『サウンドピュアディオ・プレゼンツ 音解』が期間限定で復活

2020-05-15

先日もおしらせした通り、明日5月16日の土曜日は過去にFM福岡とFM山口で放送していた

『サウンドピュアディオ・プレゼンツ 音解(オトトキ)』のスペシャルバージョンが放送されます。

 

 


ゲストアーティストはジャズピアニストの小曽根真さんで、今回はFM福岡のスタジオと東京を

回線をつないで番組収録を行いました。


 

(写真は昨年11月にFM福岡で)
 

 

これまで小曽根真さんは何度もサウンドピュアディオ関連の番組に出演して頂いていて、

いわゆる常連組となります。
 

 

 

ただ今回のコロナウイルスの影響で6月に福岡県と山口県で予定されてコンサートは中止となり、

小曽根さんの言葉で何とかファンの方へメッセージを届けるお手伝いが出来ないものかと、

今回の番組を行う事になりました。

 

 

 

番組のパーソナリティーは11月に小曽根さんが登場した

『サウンドピュアディオ・プレゼンツ ドライビング・トーンズ』のパーソナリティー・TOGGYさんで、

音解としては初めての登場となります。
 

 

 

放送は明日5月16日の12時30分からFM福岡で、FM山口放送分は1時間早い11時30分からと

なります。
 

 


そして『サウンドピュアディオ・プレゼンツ 音解(オトトキ)』の放送は5月は小曽根さんの

1回だけですが、6月は1か月を通して番組が限定復活します。

 

 


これは過去に放送されたものの傑作集という形で、その後の最新情報なども交えてFM福岡の

パーソナリティーが加わって再編集という形で放送されます。

 

 

 

出演アーティストは


6月6日  三浦大知さん
 

6月13日 斉藤和義さん

 

6月20日 スキマスイッチさん


6月26日 Official髭男dismさんと、豪華メンバーが揃っています。

 

 

4アーティストさんとも以前FM福岡のスタジオで番組を行った時にお会いしている方ばかりです。

 

 

 

放送時間はFM福岡は12時30分とこれまでと変わりませんが、

FM山口は過去のピュアディオ関連番組の11時ちょうどから30分遅くなって、

11時30分からとなっています。

 

 


音楽の奥深い所を知りたい方には、是非聞いて頂きたい番組となっており、受信出来るエリア外の方にも

ラジコ等の方法で是非聞いて頂きたいと思っています。
 

 

 

追伸
 

過去の番組に関するブログはこちらからご覧下さい。


https://minkara.carview.co.jp/userid/1788897/blog/41244463/

スキマスイッチさん


 

https://minkara.carview.co.jp/userid/1788897/blog/41603978

Official髭男dismさん


 

  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る