本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

三菱エクリプスクロス スピーカーの音質アップ その2

2021-03-31
今日ご紹介する1台は、現在の宇部店の作業から、三菱のエクリプスクロスの続きです。



その1でインパネ写真を掲載していなかったので載せますと、ディスプレイオーディオとなっています。



スピーカーはドアの16センチに加えてダッシュにスコーカーが付いていて、
ここに後付けツイーターを加えて、フロント3WAYのベーシックパッケージとする予定です。



前回はまだ下処理を行っていたリアドアの内張は、セメントコーティングが行われて、ほぼ乾燥しています。



リアのハッチの内張は取り外されて・・



粗目を付ける下処理を行った後に、セメントコーティングの施工を行いました。



リアのハッチは四角の格子が沢山あるので、端の方は機械が使えないので、手作業で時間をかけて
下処理を行っています。



何も貼ってなかったドアの外板裏には、響きの中心と周波数を確かめた後に、
防振マットと防振メタルを貼り合わせて、ピンポイントの防振でドアが重たくならない割に
減衰率が高い防振作業を行っています。



一度取り外したインナーパネルには金属シートを貼り付けて、ポコポコいう響きを無くします。



この金属シートはゴムの成分を含んでいなくて、樹脂成分は最小限しか使っていなくて、
鈍い響きを抑えてスカッとした響きにしています。



現在はリアシートの座面を外して作業を行っていますが、何と金属のフレームが入っていて、
よほどの高級車でないと使っていない方式をこのクラスで使用しているとは、驚きました!



これは剛性が高そうですね。



(その3へ続く)



三菱エクリプスクロス スピーカーの音質アップ その1

2021-03-29
今日ご紹介する1台は、現在の宇部店の作業から、三菱のエクリプスクロスです。



マイナーチェンジ後に設定されたPHEV車です。



510ワットの車両アンプが付いた『ミツビシパワーサウンドシステム』付きのお車で、
フロントに16センチのグラスファイバースピーカーと9センチスコーカーの2WAYで、
リアには16センチのグラスファイバーのコアキシャルスピーカーが付いているプレミアムサウンド車です。



プレミアムサウンド対応のベーシックパッケージの取付と、広範囲にわたっての防振作業を行います。



まずは前後のドアの内張を外して、セメントコーティングの作業を行います。



内張裏には白い吸音フェルトが貼ってありますが、これは一度取り外して・・



ツルツルの裏側のプラスチック部分には粗目を付ける加工を行って、
コーティング剤が剥がれない様にしてから塗り込みを行います。



セメントコーティングは試作の時点では均等に塗って、
ドアが重たくなる割には振動が取れなかったので、意図的に規則性を持たないランダムな厚い薄いを作って、
軽いのに振動が通過しないドアになる事が分かりました。



またそのままの石灰石を使うとひび割れが起こるので、つなぎになる成分が混ぜてあり、
その成分が乾燥すると化学変化で色が変わるので、青白い表面が乾燥と共に茶色っぽくなります。



このセメントコーティング剤は石灰石の産業が盛んな山口県ならではの産物で、
自分自身高校を卒業して一時的に石灰石加工会社で重油バーナーで石灰石を焼いて砕いて
出荷する仕事をしていて、母親は別な会社で石灰石の成分分析の仕事をしていました。



セメントコーティングを発案した時は母親は既に会社を辞めていて、
努めていた時の上司の方にお願いして、セメントコーティングの開発に力を貸して頂きました。



試作品が出来上がった後に山口県の産業振興のために研究施設に持ち込んで、
X線照射のテストをした上でセメントコーティングは完成しているので、
近年のセメントコーティングの人気の上昇も偶然ではなく、
きちんとした科学的根拠に基づく理論に立証された効果です。



実はテストを行った山口県産業技術センターは、同じ建物中にJAXA研究開発部門もある
かなり高度な計測機械を持った施設です。



売れる商品にはきちんとしたストーリーが存在しているというお話でした。



(エクリプスクロスの取付に関してはその2に続きます)



三菱EKワゴン スピーカーの音質アップ

2021-03-28
今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の作業から、三菱のEKワゴンです。



オーディオレス車にカロッツェリアの1DINデッキを取り付けた状態で入庫となって、
ベーシックパッケージの取付を行いました。



EKワゴンは先代のドアの中央付近の16センチスピーカーから・・



ドア下部の16センチスピーカーに変更されて、先代の中音は濃いが低音域が薄いから、
逆の特性に変わりました。



薄くなった中音域をカバーして、より生の音に近い音を再生するために
ベーシックパッケージの取付を行いました。



まずはAピラーの内張を外して、ピュアディオブランドのPSTケーブルを上から下に通します。



恋色の高音域専用のPSTケーブルは、ツイーター音域しか通さない部分では、
低い周波数を通さないので、専用設計で同じコストながら音質アップに貢献しています。



ダッシュの先端に両面テープが貼ってあるのは、ツイータースタンドの下の部分の油分を吸い取るためです。



油分を吸っている間にインパネを分解して・・



一度デッキを外して、裏からPSTケーブルの全帯域タイプの物を繋いで、
音信号をグローブボックス下に引いて行きます。



グローブボックス下には比重が高いMDF板を敷いて、その上に三菱のEKと日産のデイズ専用の値の
ピュアコンを取り付けました。



次に油分を吸い取った部分にスタンドを使ったピュアディオブランドのATX-25ツイーターを取り付けて、
適切な仰角と振り角を付けたら取付は完了です。



音が鳴る様になったら調整用のCDを何枚か再生して、FMラジオの音も確認して、
イコライザー調整を行いました。



ただし1カ所1クリック動かしただだえでも音が荒く感じたので、
最終的に5バンド全てをフラットにして、ミッドの上限周波数を決めるコイルの値を
1マイクロヘンリ下げて、中音域の抜けを良くしてバランスを取りました。



シンプルなシステムながら、本来の音楽に近い音色に仕上がりました。



VW ザ・ビートル カーオーディオの音質アップ

2021-03-27
今日ご紹介する1台は、現在の福岡店の作業から、フォルクスワーゲンのザ・ビートルです。



独特のフォルムの最後のビートルと呼ばれたお車です。



VW純正のナビオーディオが装着された状態で入庫となって、
以前ATXー25を使ったベーシックパッケージを取り付けて頂いていたところから、
ベーシック防振の施工と、ドアスピーカーの交換の作業を行って、
トリプルパッケージの状態のシステムアップとなりました。



まずはドアの内張を外して、工場装着の防振材が貼ってない場所に、防振マットと防振メタルを
貼り合わせます。



次に純正のドアスピーカーを取り外して・・



インナーバッフルを製作して、JBLのクラブ602CTPのミッドのみを取り付けます。



そして内張を組み付けたらドアの作業は完了です。



グローブボックス下のピュアコンは、純正ミッドとATXー25でのマッチングを考慮した値なので、
ドアがクラブ602CTPの変わった事を前提に値を変えて行きます。



イコライジングは中高音を1クリックづつ上げて、一番下の音を1クリック下げていたところから、
250ヘルツのみを1クリック下げた所が最も生音・生声に近いと判断して、調整を終了しました。



自分のCD以外でお客様のお使いのCDとSDカードの音源でも音を確認して、
かなり前の方の席で聴いた事のある海外アーティストさんの楽曲と、
これまで何度もお会いして、一昨年はサウンドピュアディオ提供の番組に出演して頂いた
某ボーカリストさんの楽曲があって、コンサート会場と生声で聴いているアーティスさんなので、
バーチャルな音造りではなくて、よりリアルな音に仕上がっているのが、
サウンドピュアディオの音造りの魅力です。



日産リーフの静粛性をアップ

2021-03-26
今日ご紹介する1台は、現在の宇部店の作業から、日産の電気自動車のリーフです。



フロントドアにフル防振の施工を行った後に、アウター・スラントのバッフルを製作して、
ピュアディオブランドのZSP-MIDを前に乗られていたお車から移設して取り付けています。



ダッシュにはワイドスタンドを製作して、イギリスのB&Wのツイーターを、
こちらも前に乗られていたお車から移設して取り付けています。



リアにはPマークの付いたZSPの25センチウーファーを取り付けて、
ラゲッジ下にパワーアンプとプロセッサーが付いたフルシステムとなっています。



今回はお車の静粛性をアップしたいというご要望で、フロアーの防振作業を行いました。



最初に井川家の次男が運転してテスト走行を行い、助手席で長男がノイズレベルを測定した後に
作業に入りました。



まずは後部座席座面を外して、シート下のフロアーを防振して行きます。



続いて後部座席の足元から前席座面の防振を行って・・



前席の足元を防振したら作業は終わりです。



作業を行う時に、一度ピュアディオブランドの高級スピーカーケーブル・SKY3を手前に引き出してから、
後で元に戻しました。



次にエアコンの操作パネルを取り外して、CD-700KKを取り外してメンテナンスの作業を行いました。



防振とデッキのメンテナンスが終わったら、デジタルプロセッサーにタブレットをつないで音調整を行います。



全ての作業が終わったら、ピット内にEV用の充電コードを引き入れて、
プラグインしてフル充電したらお客様に納車します。



EV車やPHEV車が増える事を前提に、もう5年ぐらい前に充電設備を用意していて、
出庫の時にはフル充電で、最も音質が良い状態で納車させて頂いています。



  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る