本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ヴィッツGR スピーカーの音質アップ

2019-11-08

今日ご紹介する1台は、昨日の宇部店の作業からトヨタのヴィッツGRです。
 
 
 
 
若者の車離れと言われている今の時代には珍しく、
初心者マークでこだわりのGRグレードのミッション車です。
 
 

 
トヨタ純正の大画面ナビオーディオが装着された状態で入庫となって、
ベーシックパッケージの取付と、ベーシック防振の施工のWパッケージの作業を行いました。
 
 
 
 
まずドアの内張と防水シートを取り外して、
何も貼ってない外板裏の響きを調べます。
 
 
 
 
指で軽くはじきながら、響きの中心を見つけてからどの材質を貼るのかマーキングしてから、
防振メタルと防振マットを貼り合わせます。
 
 
 
 
次にピラー根元の純正ツイーターを鳴らない様にして、
ピュアディオブランドのATX-30のアップグレードツイーターを取り付けました。
 
 
 
 
純正ナビから取り出した音信号はグローブボックス下に送り、
MDF板を敷いた上にピュアコンのブラックボックスとコイルを取り付けて、
ツイーターと純正ドアスピーカーの周波数幅とインピーダンスを調整します。
 
 
 
 
純正の2WAYスピーカーはドアはフルレンジで全帯域垂れ流しで、
ツイーターは根元の小さいコンデンサ1個で中低音が入らない様にしてあるだけなので、
同じ周波数が重なりまくりで、苦手な周波数もある程度入っていたので、
ベーシックパッケージでハッキリと帯域訳を行って、
インピーダンスも整える事で見違える様なクリアーな音に変身しました!
 
 
 
 
純正ナビの音調整では全てのスピーカーに100センチのディレイがかかっているのを
全てゼロにして、
作り物の音ではなくて本来の音楽の音に近くします。
 
 
 
最初から低音を強めに出していて、量は出ているが音がどこかこもって聴こえるからか
最初に重低音カットの機能が入っていて、ここをオンにして全体のバランスを取っても、
どこか音にくすみがある様に聴こえるので、
ここはオフにしてイコライザーの下の方のバンドを少し下げて、
それでトータルのバランスと音の透明感の両方が得られる様にしました。
 

 
 
卒業した学校の先生がサウンドピュアディオのユーザーの方で、
先生の車でサウンドピュアディオの音を知っておられたので、
「車を買ったらサウンドピュアディオで音を良くしたい!」と思っていた夢が叶ったそうです。

セレナeパワー カーオーディオの音質アップ

2019-11-07
 
今日ご紹介する1台は、現在の福岡店の作業から、
日産のセレナeパワーです。
 
 

 
サイバーナビを装着した状態で入庫となって、
以前乗られていたお車からシステムを移設して取り付けました。

 
 
 
 
まずドアの内張を外して、外板裏にベーシック防振の施工を行って、
サービスホールにも防振を加えます。
 
 
 
 
外した内張にセメントコーティングを行って、
方ドア3面の防振の状態になりました。
 
 

 
内張にはアウター・スラントのバッフルを製作して、
ピュアディオブランドのZSP-MIDを取り付けました。
 
 
 
 
 
ダッシュにはワイドスタンドを製作して、JU60を取り付けて、
ピュアディオ推奨のフロント2WAYのハイエンドの状態になりました。
 
 
 
 
 
更にラゲッジには25センチウーファーのエンクロージャーを組み込んで、
ピュアディオブランドの黄色いケブラーコーンの限定のZSPウーファーを取り付けて、
チャンネルディバイダーとピュアコンを取り付けて、下段にパワーアンプを取り付けています。
 
 
 

 
 
 
ピュアコンのパーツの値を選ぶのと、チャンネルディバイダーのダイヤル調整で音を追い込んで、
最後にサイバーナビのセッティングで音を決めます。

 
まずはタイムアライメントを全てゼロにして、デジタルに頼らない自然な音色の音にします。
 
 
 
 
31バンドイコライザーの0・5デジベルステップをわずかに調整して音が整ったら完了で、
ピュアディオ推奨商品ばかりなので音にクセが無くて、
あまりイコライザーを動かさなくても良い音で音楽が楽しめます。
 
 
 
ラゲッジにアンプボードを取り付けて、中が見えない様になって、
少々な荷物を積んでも問題ない強度に作られています。
 
 
カーオーディオは取付条件が合えば次の車に移設出来るので、
移設し続ければ長い目で見れば、聞く時間と出費を考えれば、
比較的有効な趣味ではないかと思います。

スバルR1 カーオーディオの音質アップ

2019-11-06

 

今日ご紹介する1台は、現在の宇部店の作業から、スバルのR1です。





既にシステムが付いているお車に、デジタルプロセッサーを取り付けました。




ドアは方ドア3面のフル防振の施工を行った後にアウター・スラントのバッフルを製作して、

ピュアディオブランドのZSP-LTD15を取り付けています。

 




ダッシュにはワイドスタンドを製作して、JU60ツイーターを取り付けていて、

他にサブウーファーとアンプを取り付けているフルシステムです。



これまで使っていたチャンネルディバイダーを取り外して、イコライザーと

チャネルディバイダーの両方の機能を持っているタブレットで操作する

デジタルプロセッサーに使け替えました。

 




リアにピュアコンを取り付けているので4本のスピーカーケーブルで前まで信号を送っていて、

プロセッサーの入れ替えと同時にコイルも値をあれこれと変えて当りを探りました。




プロセッサーの性能アップだけではR1はドアが横に長くて残響があるので、

内張の後ろの方にメタルを貼って震えを抑えています。





リアのフェンダー周りからもスピーカーの音以外の鳴りが聴こえるので、

この裏に防振材を貼ってこの中で音が回るのを防いでいます。


お客様はKANさんの熱心なファンで、自分が2か月前にKANさんに

番組収録の時にお会いして、生の声を聞いたという事を知られた上で

システムアップしたいとの事でした。

 



こちらの都合で延び延びになってすみませんでした。

 



車に入っていたCDはKANさんの他にシング・ライク・トーキングさんのものが入っており、

こちらのボーカルの佐藤竹善さんとは何度もお会いしており、更に

オフィシャル髭男ディズムさんのCDも入っていて、こちらのボーカルの聡さんとも

2回お会いしており、自分が生声を聞いているアーティストさんばかりで、

音調整はかなりプレッシャーがありました。

 

 

 


CD-700KKの正確な再生に対して、デジタルプロセッサーとピュアコンの調整で、

システムの限界まで生音・生声に近づけました。

マツダCX-30 スピーカーの音質アップ

2019-11-04

今日ご紹介する1台は、現在の福岡店の作業から、
マツダの新型車CX-30です。
 

 
 
 
新生代のマツダコネクトが装着されているお車に
ベーシックパッケージの取付けを行いました。
 

 
 
 
 
ドアには8センチのスピーカーと、ミラー裏にツイーターが付いています。
 
 
 
 
 
輸入車の10センチサイズよりはやや小さめのスコーカーで、
マグネットのすぐ後ろは塞がっていて、横方向に背圧を抜く様になっています。
 

 
 
 
 
ツイーターは内ドームに真ん中のプラスチックの部品で音を拡散させるタイプで・・
 
 
 
 
キックパネルに13センチウーファーが付いており、
フロント3WAYが車両アンプで6CH別々に送られているマルチチャンネル駆動となっています。
 

 
 
基本的にはマツダ3のオーディオと共通で、
標準仕様が既にプレミアムサウンド仕様となっています。
 
 
 
ベーシックパッケージでは純正ツイーターを鳴らない様にして、
ダッシュにスタンドで角度を付けて、
ピュアディオブランドのATX-30ツイーターで上質な高音を鳴らす様にします。
 
 
 
 
音を調整するピュアコンはブラックボックスはマツダ3と同じ値を使用して、
コイルはドアの形状の違いからCX-30独自の値を選んでいます。
 
 
 
 
 
イコライザーはアドバンスモードを選択すれば13バンドで調整出来て、
純正でこのバンド数はありがたいです。
 

 
 
 
 
最近の国産ナビオーディオはイコライザー調整の後に
メモリーすると音がやや抑圧されて聴こえる物がほとんどで、
マツダ3とCX-30の13バンドイコライザーは逆にメモリー後に音が明るくなるので、
普通のナビのつもりで調整すると、
最初に明るめに設定すると更に明るくなるのでびっくりします。
 

 
 
 
 
新世代のマツダコネクトには自動音量補正という、小さな音を大きくして、
大きな音を小さくするという機能が付いていますが、
これは便利な様でも音色が変ってしまい、
自分の調整用CDの他にお客様の音源が自分がこれまで3回お会いして生の声を知っている
女性ボーカルの方のものだったので、その差がハッキリと分かり、ここの機能はオフにしました。
 

 
 
CX-30の取付は初めてだったのですが、
スピーカーのマウントとドアの響き以外はマツダ3と共通だったので、
予想していたよりも短時間で完成しました。
 
 
これからこの様な標準仕様でもプレミアムサウンド車という車種が増えて来れば、
ベーシックパッケージの車種別専用設計という『痒い所に手が届く』的な製品は、
ヒットする可能性が十分にあるでしょう。

マツダ・アクセラ カーオーディオの音質アップ

2019-11-03
 
今日ご紹介する1台は、昨日の宇部店の完成車から、
 
マツダのアクセラです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
以前乗られていたお車からスピーカーを移設して取り付け作業と、
 
ドア防振などの作業を行いました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まずはドアの内張とインナーパネルを取り外して、
 
外板裏に防振メタルと防振マットを貼り合わせます。
 
 
 
 
 
 
外したインナーパネルには防振メタルと金属シートを
 
貼り合わせる防振を行った後に元に戻します。
 
 
 
 
 
内張裏にセメントコーティングを施工して、
 
方ドア3面のフル防振の状態にしました。
 
 
 
 
 
 
 
 
ドアにはアウタースラントのバッフルを製作して、
 
ピュアディオブランドのZSP-MIDを取り付けています。
 
 
 
 
 
 
 
 
ノーマルの内張と比べるとかなりデザインがシャープになっています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダッシュにはワイドスタンドを製作して、JU60ツイーターを取り付けて、
 
フロントハイエンドの2WAYスピーカーとなりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ピュアコンは合計10ピースのフルバージョンで、
 
ほぼフラットな状態で音楽が聴ける状態にしています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回はスマートフォンをつないで細かく調整出来る
 
ピュアディオチューンのイコライザーアンプを取り付けて、
 
7バンドですが動かす周波数は自由に選べるのでかなり細かく調整して、
 
ZSP&JU60の性能を更に引き出しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
イコライザーアンプをチューニングんしているのは、
 
この手の製品はスピーカー出力をインプットするので、
 
その時に内蔵のハイローコンバーターで信号のレベルを下げた時に
 
ハイロー部でのロスが起きるとレベルはアップ出来ても、
 
音の新鮮さが失われたものは後からは足せないので、
 
まずは最初にロスさせない様に中をチューニングしています。
 
 
 
 
 
ピュアコンとイコライザーの調整で、
 
バス・トレブルしか付いていないマツダコネクトのオーディオの音が、
 
驚くほどクオリティーが高い音に変わりました。
 
 
 
 
  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る