本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

マークX・G’s カーオーディオの音質アップ

2020-08-30

今日ご紹介する1台は、現在の福岡店の作業から、トヨタのマークX・G’sです。

 

 


トヨタ純正のマルチAVステーションのナビオーディオを装着した状態で入庫となって、

スピーカーとアンプの取付と、ドア防振の作業を行いました。

 

 


まずドアの内張を外して、前後のドアの外板裏に防振マットと防振メタルを貼り合わせる

ベーシック防振の施工を行いました。

 

 

 

フロントドアだけはサービスホールを塞ぐ防振も行い、更に内張にセメントコーティングを行いました。

 

 

 

方ドア3面のフル防振となったフロントドアには、インナーバッフルを製作して

JBLのP560Cのミッドのみを取り付けました。
 

 

 

ツイーターはJBLの508GTIの物をスタンドを使って仰角・振り角を付けて取り付けて、

同じJBLでもツイーターの方のグレードを上げるという、一時期かなり流行った組み合わせで、

過去に270セットぐらいの販売を行っています。

 

 


システムは前に乗っておられたお車からの移設で、助手席シート下にはピュアディオチューンの

ハイローコンバーターと、パワーアンプを取り付けています。

 

 


ピュアコンは合計6ピース構成の物を移設して取り付けていて、

ドアのスピーカー位置とグリルのヌケが変わったので、コイルを2μH下げてマッチングを取りました。

 

 


全ての結線が終わって音が鳴る様になったら、ナビオーディオのセッティング機能を使って音調整を行います。

 

 


音質向上という項目がありますが、ここは純正のかったるい状態に勢いを付けているので、

きちんと音を整えたら逆に邪魔になるというか、これ見よがしな派手な音になるので、

一度全てオフにしてからイコライザー調整に入ります。

 

 


イコライザーは動かす周波数と動かす幅を最初に決めて、

それからレベルを上下するというパナメトリック式で、しかもグラフ表示が無いので、

頭の中でグラフをイメージ出来ないと全くツボが分からない表示で、

歌ったり演奏したりしている本人の生音をしっている自分でもかなり調整は苦労しました。

 

 


いつもよりもかなり時間をかけて調整して、「もうこれ以上生音・生声には近づかない!」

という組み合わせにたどり着いたので、そこで調整を終了させました。

 

 

 

ホンダ・ステップワゴン スピーカーの音質アップ

2020-08-29

今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の作業から、ホンダのステップワゴン・スパーダです。

 

 

 

ホンダ純正のギャザーズのナビオーディオを装着した状態で入庫となって、

プレミアム仕様のベーシックパッケージの取り付けと、ベーシック防振の施工を行いました。

 

 


まずはドアの内張を外すと、サービスホールを塞いでいる防水シートに吸音ゴムが貼ってありました。

 

 

 

ドアの外板裏には何も貼ってない状態だったので、響きの中心と周波数に合わせて

大きさや素材が違う防振材を貼り合わせて、ドアが重たくならない割に効果の高い防振作業を行います。

 

 

 

ツイーターは以前のお車でお使いだったB&W製の物をワイドスタンドを製作して取り付けて、

ドアのスピーカーもお持ちなのですが、今回は純正16センチを使用してプレミアムベーシックとして、

また次の機会にドアのスピーカーの交換をおこないます。

 

 


現行のステップワゴンはダッシュの形状が左右で極端に違うので、

別々な形状のスタンドをワンオフで製作しています。

 

 


ドアスピーカーとツイーターの音域とインピーダンスとレベルを調整するピュアコンは

合計8ピース構成の物を使用して、スピーカーケーブルは以前乗られていたお車から移設して来た

PMBケーブルを、末端を焼き直してリフレッシュさせて取り付けています。

 

 


全ての結線が終わって音が出る様になったら、まず新車のドアの傷防止のシールを剥がしてから

音調整に入ります。

 

 


ギャザーズのナビの音を強調する機能は一度全てオフにして、素の状態にしてから

イコライザー調整に入ります。

 

 


最初は色々なバンドを上下させないとバランスが取れなかったのが、

ピュアコンの数値を変えて音を追い込んで行くと、最後には下の方以外はフラットの方が

音が自然に聴ける様になりました。

 

 


サウンドピュアディオではピュアコンを使って周波数特性やインピーダンス特性を変えられるので、

推奨モデルであれば純正ドアスピーカーとも音が繋がり、後からドアスピーカー交換が可能で、

安いツイーターとミッドのセットを購入して、満足出来ずに後で買い替えるという様な無駄が無くて、

徐々にシステムアップが出来るという利点があります。

 

 

 

8月29日の『音解(オトトキ)』は平原綾香さん

2020-08-28

6月から始まった『サウンドピュアディオプレゼンツ 音解(オトトキ)傑作選』も

明日8月29日の放送でひとまず終了となります。

 

 


2017年の4月から2019年の6月までお送りした『音解』の

「この回は是非もう一度聞いて欲しい!」という部分をセレクトしてお届けしていて、

FM福岡は2017年4月から放送していましたが、

FM山口は1年遅れて2018年の4月からの放送だったので、

最初の1年に興味深い放送があっても聞けなかったのが、傑作選で初めて聞ける回もあって、

大変好評を頂いていました。

 

 

 

8月はガンダムなどのアニメソングでもおなじみのAimerさんを2回に渡って放送して、

お盆の8月15日にはピアニストの国府弘子さんの回は井川が会社のPRとは別に本編に

レコーディング方式の解説で出るという事もありました。

 

 


そして先週は日曜日の夜のテレ朝系の『関ジャム』に音楽プロデューサーとして出演されている

寺岡呼人さんの放送がありました。

 

 

 

明日の8月29日は今回の音解のシリーズとしては最後の放送で、最後を締めくくるのは平原綾香さんです!

 

 

 

何年も前から井川ブログを御覧の方は既にご存じかも知れませんが、

平原綾香さんは正式なスポンサーとしてではなく、先にFM福岡のスタジオの外で生声を聞いてしまって、

その後に正式にサウンドピュアディオ関連の番組に2回出演されています。

 

 

 

その日はFM福岡はゲストの数が多くて、サウンドピュアディオ関連ではエブリ・リトル・シングさんと

アニメソングで有名なMay’nさんの収録があり、順番はELTさんの後がMay’nさんでした。

 

 


自分はELTさんがスタジオに入られるかなり前からスタジオの外で待っていたら、

何とその日はELTさんの前には平原綾香さんが他の番組の収録をされていて、

それが終わって外に出られてきて、スタッフに丁寧に5分ぐらいかけてお礼を言われていました。

 

 


そのお礼のあいさつをまるまる聞いていたら、「今日は持田香織さんの生声を聞くぞ!」という

意気込みでスタジオの外にいたにも関わらず、先に平原綾香さんの声が頭に焼き付いてしまいました。

 

 

 

その10分ぐらい後にELTの持田香織さんと伊藤一朗さんが来られて、

持田さんは収録が始まる前から丁寧なあいさつをされて、

収録が終わってからもまた丁寧なあいさつをされてという事で、

「これが持田香織さんの生声なんだ!」と感動しました。

 

 


次のMay’nさんの収録まで少し時間があったので、一度下の駐車場に降りて、

用意していたELTさんのCDで声をデモカー確認して、平早綾香さんのCDもまさか生声が聞けるとは

思っていませんが積んでいたので、持田香織さんの声と平原綾香さんの声を交互に聞きながら、

デモカーの中にはパーツを積んでいたので、値を少しづつ変えて「生声はこうだった!」と

セッティングを繰り返していました。

 

 


そしてアニソンの女王・May’nさんの収録が行われて、帰りは3枚のCDをとっかえひっかえしながら、

3人の女性の生声を思い出しながら移動しました。

 

 

 

それから自分が直接生声を聞いた事がある女性ボーカリストの中に平原綾香さんが加わったのですが、

そうは言っても自分の会社の番組では無い所で聞いてしまっているので心苦しく思っていました。

 

 


しかし音解のゲストで平原綾香さんが出演されるという事で、

「これで堂々と平原綾香さんの生声を聞いたと言われる!」と、大変うれしく思いました。

 

 

以前他のサウンドピュアディオの番組のゲストに平原さんは出演されているので、

サウンドピュアディオ関連で2番組出演されているので、ただ聞きを含めて3回生声を聞いた事になります。

 

 

 

そんな思いの深い平原綾香さんの回ですから、今回の音解のシリーズの中では大取という事で

最終回の登場となりました。

 

 

 

放送日時はFM福岡が8月29日の12時30分から55分までで、

FM山口は1時間早く、午前11時30分から55分までとなっています。

 

 

 

現在は電波が受信出来ない地域でもラジコで聞く事が出来ますので、

是非明日の『サウンドピュアディオプレゼンツ 音解(オトトキ)』をお聞き下さい。

 


 

日産ノート カーオーディオの音質アップ

2020-08-27

今日ご紹介する1台は、現在の宇部店の作業から、代車のノートに試作品のスピーカーの

装着テストを行っています。

 

 


ピュアディオではノートを合計3台所有していて、白いガソリン車の他に、

ガンメタと青のeパワーのノートがあります。

 

 


3台ともカロッツェリアの楽ナビを取り付けていて、純正の16センチスピーカーを使った

ベーシックパッケージです。

 

 


ただ白いノートはインナーバッフルを製作して16センチの後付けスピーカーのテストをする事が多く、

直前にはJBLのスタジアムGTO600Cのミッドを取り付けていました。

 

 


後ろの形状の違いで同じ16センチサイズでもインナーバッフルが合わなかったために、

インナーバッフルを作り替えて次期製品のISP-160の試作品を取り付けました。

 

 


ツイーターはピュアディオブランドのATX-30を取り付けて、

ツイーター・ドアスピーカー共にアップグレードの品でテストを始めます。

 

 


ピュアコンは6ピース構成で鳴らして、ブラックボックス4連用のベースは付いていますが、

今回はそこはコストを抑えるために使用しませんでした。

 

 


ピュアディオブランドの名乗るスピーカーは音色に極力クセが無い様にしてあって、

イコライザーは1カ所1クリック動かしただけで聴感上のフラットになり、

効率の高いユニットなので、楽ナビの内蔵アンプでも十分に音楽が体感出来るレベルの音が鳴っています。

 

 

 

おそらく発売する方向に行くと思いますが、後は耐久性のテストがパスするかと、

もしそれが通ればコスト計算で販売価格をいくらにするかを決めないといけません。

 

 

 

 

 

 


追伸

 


ピュアディオの代車の白いノートは、後からHIDのヘッドライトに交換していて、

フォグライトはスモール点灯時に周りにリングで光るLED付きで、

更にメッキのベゼルを取り付けているオシャレ仕様です。

 


アンテナはビートソニックのドルフィンアンテナに換えていて、見た目は良いのですが、

ラジオの感度が少し落ちたのが難点です。
 

 

 

ダイハツ・ロッキー カーオーディオの音質アップ 後編

2020-08-26

今日ご紹介する1台は、先日の宇部店の作業から、ダイハツのロッキーの後編です。

 

 


25センチ用のエンクロージャー埋め込んだラゲッジは・・

 

 


両サイドにアンプとプロセッサーを取り付けて、アンプボードを取り付けて、

ピュアディオブランドの黄色いケブラーのZSPウーファーが付いています。

 

 


頑丈なスピーカーグリルを取り付ければ、荷物が普通に乗るラゲッジに仕上がっています。

 

 


基本的に前に乗られていたお車からの移設作業で、これまで使われていた

ピュアディオブランドのPMBケーブルは末端を焼き直して、

新たに新しいターミナルを取り付けてリフレッシュさせています。

 

 


ドアは方ドア3面のフル防振の施工を行った後に、アウター・スラントのバッフルを製作して、

ピュアディオブランドのZSP-LTD15を取り付けています。

 

 


ツイーターはワイドスタンドを製作してJU60を取り付けていて・・

 

 


デッキはナカミチのCD-700KKとサイバーナビの1DINタイプを組み合わせて使って、

ピュアディオ推奨モデルのハイエンドの組み合わせになっています。

 

 

 

全ての結線が終わったらタブレットを繋いでチャンネルディバイダーとイコライザー機能を調整します。

 

 


ウーファーとフロントスピーカーの音域分けはピュアディオチューンのデジタルプロセッサーで行って、

フロントのミッドとツイーターの音域分けとインピーダンスのコントロールによる微妙な音色の調整は

8ピース構成のピュアコンで行います。

 

 


イコライザーで特定の音域のレベルの強い弱いは調整出来ますが、

インピーダンス微妙な上下による音の軽い・重たい・明るい・暗いなどの音の

表情はイコライザーだけでは無理があり、生音・生声的な音色に合わせるにはピュアコン方式が最適です。

 

 

 

このピュアコンという方式は以前にも書いたと事がありますが、

お客様からの「マルチアンプ方式では限界があるので、コイルを巻き替えて独自のネットワークを

作って欲しい!」から生まれていて、</p><p>実際にオリジナルのパッシブネットワークを作ったら

パーツの交換に時間がかかり、短時間でパーツの交換が出来て、

多くの組み合わせを比較出来るというところから、今のピュアコン方式を発案しました。

 

 

 

ロッキーのお客様は3台前のお車からお付き合い頂いていて、今回の取り付けて4台目となり、

もう20年お付き合い頂いています。

 

 


車を買い替えてもパーツの部分的な交換でどんどん次の車に対応して行くので、

そういう意味でもピュアコンは便利なアイテムです。

 

 

 

  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る