本文へ移動

取付ブログ

マツダCXー5 カーオーディオの音質アップ

2021-01-10
今日ご紹介する1台は、現在の福岡店の作業から、マツダのCXー5です。



元々はBOSEサウンド仕様だったお車に、ピュアディオブランドのATXー25ツイーターを使った
ベーシックパッケージを取り付けて、フロント3WAYの状態で鳴らしていたところかのシステムアップです。



約1年前に薄型のBOSEウーファーを取り外して、
JBLのクラブ6500Cのミッドに交換してフロント2WAY化して、
純正のBOSE対応の楽ナビを市販の4Ωスピーカーに対応している楽ナビに交換して、
車両のBOSEアンプを使わずに鳴らしていました。



今回はサブウーファーとモノラルアンプの追加の作業で、楽ナビを一度取り外して、
裏のウーファー出力にピュアディオブランドのSKYのRCAケーブルを繋いで、
助手席下に取り付けたJBLのウーファー用のモノラルアンプに接続したました。



モノラルアンプの出力はピュアディオブランドのPSTケーブルのフルレンジタイプでラゲッジまで送り、
JBLの25センチウーファーを手作りのエンクロージャーに組み込んでいます。



荷物の積み下ろしでウーファーの表面が傷まない様に、頑丈なグリルを取り付けています。



ウーファーの出力には楽ナビ内のローパスフィルターで帯域制限をかけますが、
内蔵アンプで鳴らしているリアは内蔵のフィルターをかけて、フロント信号にはフィルターをかけず、
グローブボックス下のピュアコンのパーツを1品増やして、ここで帯域制限をかけます。



何度聴き比べても、ナビ内蔵のフィルターよりも中高音のくすみ感が無く、
クオリティーの高い音を再生させています。



現在は全ての結線が終わって音が鳴っている状態で、これからパーツの値を微妙に変えての調整と、
その後にイコライザー調整を行います。



  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る