本文へ移動

取付ブログ

スバル・レヴォーグ 音質と静粛性をアップ

2021-06-09
今日ご紹介する1台は、現在の宇部店の作業から、スバルのレヴォーグです。



ナビオーディオの交換のためにインパネは分解されています。



ナビを取付している間にラゲッジのアンプボードを取り外して、床にロードノイズを防止するための
マットを貼って行きます。



座席下やフロアーにも貼って行きます。



フロントの足元は防振するために一度ピュアコンを取り外します。



ドアには約17年使用したピュアディオブランドのZSP-MIDがアウター・スラントバッフルで
取り付けられています。



ダッシュにはB&Wのツイーターが取り付けられていて、音をリフレッシュさせるために
新しいピュアコンに入れ替えます。



月曜日のブログで25個仕入れた1マイクロのコンデンサが1個を除いて全て1マイクロ以上で、
ZSPとB&Wツイーターで1マイクロを下回る物が必要なのですが、
レヴォーグ用はあらかじめ用意してあったので、次に仕入れたコンデンサで複数の1マイクロを
少し下回る物でペアリングしないと、しばらくはZSPとB&W用のピュアコンは品切れとなります。



バッテリーはボッシュのハイテックプレミアムを同じ物に交換しました。



以前のハイテックプレミアムさん、ご苦労様でした。



サウンドピュアディオではボッシュのバッテリーを推奨していて、カーオーディオの世界では
パナソニックのカオスが音が良いと言われていますが、カオスは音に勢いがあり過ぎで、
実際の音楽よりは大げさな表現となるために、ピュアディオでは推奨していません。



2年から2年半ぐらいで新品に替えられる方が多く、車を動かすのに問題が無いレベルの
バッテリーでも、システムのグレードが上がると、バッテリーのコンディションで音が大きく変わるので、
早めに交換される方が多いです。



  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る