本文へ移動

取付ブログ

ムーヴ・カスタム スピーカーの音質アップ

2022-05-12
今日ご紹介する1台は、先日の宇部店の作業から、ダイハツのムーヴ・カスタムです。



ダイハツ純正のムーヴ専用のナビオーディオを装着した状態で入庫となって、ベーシックパッケージの取付と、
前後のドアのベーシック防振の施工の、トリプルパッケージの作業を行いました。



Wパッケージはベーシックパッケージにフロントドアのベーシック防振の事をいいますが、
トリプルパッケージはWにプラスしてフロントのセメントコーティングでも、リアのベーシック防振でも、
フロントのドアスピーカー交換でも、Wパッケージに何か後工程を1品プラスしたら
トリプルと呼んでいるので、たまに分かり難いとご指摘を頂く事もあります。



作業はまず前後のドアの内張と防水シートを剥がして、外板裏に防振マットと防振メタルを貼り合わせます。



ムーヴの純正ツイーターはピラーの内張のかなり高い位置にあって、
これは以前のムーヴがドアスピーカーが高い位置にあって、
ネットワーク回路無しでバランスを取ろうとして高い位置に付けたのですが、
ドアの下にスピーカー位置が変わっても以前の名残で高い位置のままです。



ピラーにツイーターを付けると鉄の影響で磁力線が乱れるので、
ピュアディオではダッシュの両端にスタンドを使って、適切な仰角・振り角を付けてツイーターを取り付けて、
今回はベーシック用のピュアディオブランドのATX-25ツイーターを取り付けています。



グローブボックス下には比重の高いMDF板を敷いて、白いラベルのRRタイプのブラックボックスと、
純白のボビンにピンクのラベルの井川が一から手巻きしたコイルの組み合わせで、
シンプルな4ピース構成のピュアコンですが、かなりクオリティーの高い音を表現させます。



ムーヴのドアのスピーカーグリルは特殊な模様で、この模様の音のヌケに合わせて手巻きのコイルの微調整で、
絶妙な音の表現をしています。



ダイハツ純正ナビの中身はパナソニックのストラーダで、
かったるい純正の状態に合わせてかなり強調した音調整がされていました。




全てのスピーカーに100センチのディレイがかかっているのを全てゼロにして・・



イコライザーは一度フラットにしてから、元の音楽の音に近くなる様に合わせて行きます。



同じ車体で同じスピーカーを使っていても、ナビの音のクセを加味して、
一台一台丁寧に音を合わせてから納車させて頂いています。



  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る