本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ダイハツ・タント カーオーディオの音質アップ

2019-01-05
今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の作業から、ダイハツのタント・カスタムです。
 
 

ダイハツ純正の大型ナビオーディオが装着された状態で入庫となって、
スピーカーの取り付けを行いました。
 
 
まずはドアの内張りを外して、純正の16センチスピーカーを取り外します。
 
 

16.5センチサイズのインナーバッフルを製作して、レインガードを取り付けて、
スピーカー裏が濡れない様にした後に、車室内側からピュアディオブランドの
PSTケーブルを通して来ます。
 
 
 
JBLのGX600Cのミッドをバッフルに取り付けて、内張りを組み付けます。
 
 
ツイーターはダッシュにスタンドを使って角度を付けて、ピュアディオブランドの
ATX-25を取り付けています。
 
 
入庫した時点で既に運転席下にミューディメイションのパワードのサブウーファーが
付いていて、ATX-25⇒GX600C⇒パワードウーファーのフロントで
3WAY構成にすりので、GX600Cは上限周波数と下限周波数の両方をカットしないといけません。
 
 

パワードのウーファーの上限周波数は内蔵のチャンネルディバイダーで調整して、
後は6ピース構成のピュアコンで調整します。
 

タントのドアスピーカーはかなり上の方に付いていて、普通のコイルでは上限周波数付近が
耳に入って来過ぎるので、コイルの巻き数をいつもより多めに巻いてマッチングを取ります。
 

空のボビンから一から手作業で巻いて行くのですが、下の方にスピーカーが付いている
車種に比べたら倍以上巻いた所が最も生音に近く聴こえました。
 

<p>最後に純正ナビのイコライザーを調整して音を整えて、タント・カスタムは納車されました。
 

簡単そうなシステムですが、ドアスピーカーが上の方にあり、
更にウーファー付きという事でイレギュラーで、
手作業でコイルを巻いてその場で対応して、
素晴らしい音に仕上がりました。
 

カーロラフィールダー スピーカーの音質アップ

2019-01-04
本日から2019年のサウンドピュアディオの営業が始まります。
今年一年よろしくお願いいたします。
 

さて今日ご紹介する一台は、年末の宇部店の作業から、トヨタのカローラフィールダーです。
 
 
オーディオレスの状態で入庫となって、カロッツェリアのCD・DVDプレイヤーと
スピーカーの取り付けなどのを行いました。
 

まずはドアの内張りを外して、外板裏・サービスホール・内張裏の三ヶ所に防振加工を行い、
片ドア3面のフル防振の状態にします。
 
 
次に純正の16センチスピーカーを取り外して、内張の表にアウター・スラントのバッフルを
製作して、13センチサイズのZSPーLTD15を取り付けました。
 
 
ノーマルの内張と比べるとこんな感じです。
 
 
ツイーターはダッシュに簡易型のスタンドを使って、ピュアディオブランドの
ATXー25を取り付けました。
 

グローブボックス下には合計6ピース構成のピュアコンを取り付けて、周波数幅と
インピーダンスを調整して、ミッドとツイーターに分配して送ります。
 
 
プレイヤーであれこれとジャンルを変えてCDを再生して、スピーカーが慣れた頃に
ピュアコンのパーツを交換して音を追い込んで、後はプレイヤーのセッティング機能を使って
更に音を追い込みます。
 
 
 
タイムアライメントはオフにして・・
 
 
イコライザーをフラットの状態から少しずつ動かして行って音を整えました。
 
 
内蔵アンプでフロント2WAYのシンプルなシステムですが、ツボを押さえた生演奏や
生声に近いサウンドを再生出来るカローラフィールダー が完成しました。

もう1台トヨタ・シエンタ カーオーディオの音質アップ

2018-12-29

一昨日の福岡店の白いシエンタの作業に続いて、今日ご紹介する1台は、
先日の宇部店の作業から、再びトヨタの白いシエンタです。
 
 
トヨタ純正のナビオーディオが装着された状態で入庫となって、
スピーカーの取り付けとドア防振の作業などを行いました。
 
 
まずはドアの内張りと防水シートを外して、
外板裏に防振メタルと防振マットを貼り合せます。
 
見える部分にはメタル1枚と四角マット1枚と、
丸に表に模様が入ったマットが2枚の合計4枚がありますが、
実際には見えない部分にまだ4枚あって、
合計8枚の素材でドア全体の響きを鎮めています。

 
丸のマットの模様は、
中音域の振動を通過させずに留めるためのものです。
 

 
外板裏の施工が終わったら次にサービスホールを塞ぐ防振を行って、
貼りしろはこれだけは絶対に確保しないといけないという決まりがあり、
それでも将来的に切り口から剥がれて来ない様に、全てシリコンが塗り込んであります。
 
他店の防振のやり直しでは切り口から剥がれかけて
簡単に取れてしまうというのがほとんどで、
剥がれない様にローラーで強く押し過ぎた事で材料が剥離してしまった物もあったので、
隠したら見えない部分だからこそ、手間を惜しまない部分です。
 

純正の16センチスピーカーは取り外して、
16センチを13センチに変換するインナーバッフルを製作して、
ピュアディオブランドのZSP-LTD15を取り付けています。
 
 
外した内張りの裏にはセメントコーティングを行なって、
内張りの微細な震えを抑えています。
 
 
ツイーターはワイドスタンドを製作して、JU60を取りつけました。
 
 

 
純正ナビは一度取り外して、裏からピュアディオブランドのPSTケーブルで取り出し、
低ロスでスピーカーまで音を送ります。
 

 
シエンタでのJU60とLTD15の組み合わせは初めてなので、
グローブボックス下に取り付けた合計10ピースのピュアコンの組み合わせは
あれこれ変えて探る必要がありました。
 
 
シエンタのスピーカーグリルはリスナーから見ると、
平均的なドスピーカー位置よりはやや下にあり、
ミッドの上限周波数を決めるコイルややや巻き数の少ない物を使用して、
ツイーターの下限周波数とのバランスを取りました。
 
 
 
そういえば純正ツイーターの位置はピュアディオ推奨の位置や向きとかなり違っていて、
デザインを重視すると音の理想的な位置とはかなりズレが出てしまいます。
 
 
最初は物足らない聴こえ方がしていた純正ナビオーディオもセッティングを詰めて行けば
徐々に体に染み入る様な音に変わって来て、
最終的にイコライザーは3ヶ所1クリック下げた所で最も生音に近い状態になりました。
 

 
フロント2WAYでインナー取り付けでありながら、
ピュアディオ推奨のトップグレードのスピーカーの取り付けが完了しました。
 

プジョー3008 カーオーディオの音質アップ

2018-12-28

今日ご紹介する1台は、先日の宇部店の作業から、
プジョー3008です。
 
 
 
異形パネルの専用ナビ付きのお車に、
スピーカーの取付と防振などの作業を行いました。
 

 
 
 
ドアの内貼りを外して、入り組んだ外板裏に防振マットと
防振メタルを貼り合わせました。
 

 
 
サービスホールは特殊な構造で、先々のメンテナンスの事を考えて何も施工せず、
外板裏と内貼り裏の2面の防振を行う事にしました。
 
 
ツルツルの内貼り裏の表面を加工して粗目を付けて・・
 

 
 
 
セメントコーティングの施工を行いました。
 
 
 
 
内張りの表面にはアウター・スラントのバッフルを製作して、
ピュアディオブランドのZSP-LTD15を取付けました。
 

 
 
 
左側はグローブボックスが出っ張っているので、工夫が必要でした。
 

 
 
 
ツイーターはピュアディオブランドの新製品の
ATX-30をJU60用のワイドスタンドに入れて取付けています。
 

 
よくお客様から「寸法がJU60と同じなら、名前はJU30にすれば良かったのでは?」と
聞かれる事がありますが、JUの意味はJBLのユニットという意味なので、
そこはJUには出来ませんでした。
 
 
これまでのATX-25とJU60しかラインナップが無かった頃から比べると、
中間にATX-30が増えただけで随分と選びやすくなりました。
 
 
実際には材質など選ぶのに何年もかかっているので、
散々組合せを考えての最終結論というところでしょうか。
 
 
 
ピュアコンはグローブボックス下に合計8ピースの構成で設置して、
複雑なスロープを作って高音質を表現させます。
  
JU60ツイーターはブラックボックス4連使用を前提としていますが、
ATX-30は4連ブックス推奨で、2連ボックスでも使えない事はないですが、
4連でフルスペックの状態になりますというご説明で販売しております。
 
 
 
 
 
プジョー3008では普通のドアスピーカー位置に比べてややリスナーの耳に近い所にミッドが付くので、
ピュアコンのミッドの上限周波数を決めるコイルの巻き数をやや多めにして、
ツイーターとの音の重なり方を調整して、絶妙な音のバランスを保っています。
 

 
コイルの巻き数を変えるというと、アナログ的で遅れている様なイメージもありますが、
実際にはイコライザーやDSPでは調整出来ない部分を合わせているので、
自然で聴き易く、生の声や生の楽器の音に近い状態を表現する事が出来ます。
 

トヨタ・シエンタ カーオーディオの音質アップ

2018-12-27

今日ご紹介する1台は、先日の福岡店の作業から、
トヨタのシエンタです。
 
 

 
アルパインのシエンタ専用のビッグⅩを装着した状態で入庫となって、
最初にベーシックのWパッケージを取り付けて頂いて、
2回目にJBLのGX600Cのミッドを取り付けて頂いて、
今回は3度目の入庫となりました。
 
 
 
ダッシュにはピュアディオブランドのATX-25ツイーターが付いていて・・
 
 
 
ドアの外板裏にはベーシック防振が施工してあります。
 

 
まずは防水シートを一度剥がして、サービスホールを塞ぐ防振を行って、
もう一度防水シートは元に戻します。
 
 
外した内張りには吸音フェルトが貼ってあり、
この場所が外からロードノイズが入りやすいと分かりますが、
外板⇒サービスホールと施工を行って静粛性が上がって来ていますが、
一度吸音フェルトを外してここにセメントコーティングを行なってフル防振の状態にして、
更に静粛性と音質をアップさせます。
 
 
ツルツルした表面にそのままセメントコーティングすると剥がれるおそれがあるので、
一度機械を使って粗目を付けた後に、
細かい部分は全て手作業で粗目を付けて行きます。
 
 
 
内張り全体に厚い薄いをランダムに作って行き、
振動が通過しにくい状態を作ります。
 
 
今月の初めに東京文化会館の大ホールに行った時に、
壁に意図的なランダムが作ってあって、
「やはり心地良い響きを作るには意図的なランダムが必要ななんだ!」と感じて、
試作段階のセメントコーティングは全て均等に厚塗りしていて、
ドアが重たくなる割にはスタジオモニターのスピーカーみたいな音にはならなかったので、
そこで意図的なランダムを思いついて、
軽くて響きの良いセメントコーティングの塗り方にたどり着きました。
 
 
 
これまでのベーシック防振と合わせて合計片ドア3面のフル防振が完成して、
ビッグⅩの音調整機能を使ってセッティングを行います。

 
リアの純正スピーカーはフェダーでレベルを下げて行き、
解像度の上がったフロントスピーカーの邪魔にならない様に、
コンサートホールで音が前から迫って来て、
残響音が後ろから聴こえるぐらいのレベルに調整しました。
 

 
最初の取り付けではあれこれといじっていたイコライザーも、
バージョンアップが進むほどあまり動かさなくて良くなり、
2カ所1クリック下げただけで良いバランスを保っています。
 
 
 
ドアスピーカーはJBLのGX600Cのままですが、
防振の層が増える事によってドアに付帯する余分な響きが抑えられて、
本来の性能を発揮出来る様になって、
音環境を整える事がいかに重要かという事が再認識出来た作業でした。
 
  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る